<< Oh noooooo..... Happy Birthday!!! >>

Blubber guitar

d0021094_1152771.jpg Bright Eyes "motion sickness-live recordings"

待ちかねたBright Eyesのライブ盤がこないだようやく届いた。
1ヶ所の音源ではなくっていくつかのライブから選りすぐりの曲を集めたものらしい。
そーか。だから微妙にバックの感じが違うんだ。
思ってたよりコナー(本人)の声とかエモーションが抑え気味に感じられた。CDで叫びまくってるからもっと壮絶なのを想像してた。
でも"method acting"や"road to joy"などの感情丸出し曲ではやっぱりどんどん引き込まれるし、時折聞こえる震える声には過剰に反応してしまい聴いてるこっちが動揺してしまう。
そしてギターが泣いてるみたいに聞こえる。
なんとなくそう感じた。
"souhern state"がすっごいかっこいい。リズム&ブルースって感じで(超てきとー)、こんなの生で観れたらどっかいっちゃいそう。
まだそんなに聴いてなくって記事にするの早いかもだけど、この人にも強い思い入れたっぷりなので時間が経つととんでもないこと書きかねないのでこんくらいにしとこ。


でも、、、最後の曲、MAXに動揺。
Elliott Smithの"the biggest lie"
怖くてまだ聴いてません。
Elliottも私にとって大切なアーティスト。本人はもうこの世にいないけど彼の優しい音楽とキリキリする言葉は色褪せることなくこの世に存在してる。
別に亡くなってるから感慨深くて聴けないんじゃなくって、この曲がやばい。しかもコナーが歌うなんてあまりにもはまりすぎて恐ろしい。かなりの確率でおちると予想。
でもほんとはすごく好きな曲。エリオットらしい残酷さとユーモアがあるから。
Bright EyesもElliott Smithも最高。だいすきです。

oh, we're so very precious you and I
and everything that you do makes want to die
oh, I just told the biggest lie
I just told the biggest lie
the biggest lie -"the biggest lie" by Elliot Smith
[PR]
by ms.paddington | 2006-01-18 02:08 | 音楽
<< Oh noooooo..... Happy Birthday!!! >>