<< Last game The Flaming Lip... >>

Summersonic 13.08.06 - Tokyo

全然気付かなかったが、前日は雷雨が幕張を襲ってたらしく本日の空も心配。なんせ今日はMUSEを見るか見まいかまだ決めかねてたけど、見るとなれば雨は勘弁。合羽持ってきていないんだもん・・・。

それでは13日の日記へGO!

1・朝イチはWhirlwind Heatくんたち。
3年前?のWhite Stripes来日の時の前座として来てたのを目撃した。
3人おそろのTシャツ着てはちゃめちゃにはじけてたライブを強烈に憶えていて、是非ともまた観よう!と心待ちにしてたバンドの1つ。
登場して1発目からアクセル全開でボーカルくん踊り(というより動き)まくる!彼のものすごい動きに唖然としててはダメ!ヘロヘロディスコパンクにこっちも踊らされる。2,3年前はそこいらに溢れてたのに今では影を潜めつつある音だけど、やっぱり私この人達の音すきだー。
3人でめちゃくちゃやってる風だけど、バラバラにならないようにちゃんとぎりぎりで押さえてカッコ悪いなんてことになってなかった。文字通りヘロヘロだったけどね。
それにしてもボーカルの動きはやっぱりすごい。猛スピードなラジオ体操みたいなのとか、エアーギターならぬエアー2重跳びみたいなのとかライブ後大丈夫か?

2・本日も続けてマウンテン・ステージにて、MUM DJ SETを。
後で友達の友達に聞いたとこによると、メンバーだったもう一人の女の子も結婚に伴い脱退してて、「MUM DJ SET」が今回正式名称だったとか。(これからもそうなのかはわかんないけど)
で、またこちらもマント姿のコスプレで登場!マント流行ってんのかな?
でも仕事はきっちりゆるめの曲ありちょいアゲあり、MUMらしいヒーリングぽいのあり大満足で癒されました。
ただ途中から次のブンブンサテライツ待ちと思わしき人達が前方に増えてきて、アウェイ感があったのは否めなかったけど、でもMUM DJ SET目当てだった人達はみんな楽しめたんじゃなかろうか、と思う。

----------ここで本日も昼食。今日はお笑いステージにとくにサプライズはなく、とりあえずThe Kooksに備えて体力温存タイム。


だらだらとしながら、
3・The Kooks。
2月の来日を見たのですが、ぎゅうぎゅう状態&最後方に近いとこだったので、ほとんどステージは見えなかったし、UKツアー後すぐだったからかボーカルくん声がでてなかった。というかなり不完全燃焼だったからすごい楽しみにしてた。お客さんもかなり入っててみんなの期待感もすごい感じた。
1発目は"seaside"。アコースティックなナンバーから入って手拍子でそれをみんなで支えてうまいこと掴んだなって感じだった。
そっからは続々とアルバムの曲をプレイしていき、"matchbox""eddie's gun""ooh la" とかとか(曲順不同)イントロごとにうわぁー!と盛り上がる。どれもキャッチーで馴染みやすいのは、どこか懐かしい匂いがするからかな?でも単に懐かしいだけじゃなくて、いろんな音楽を取り入れてて以前記事にも書いたけど、やりたい音楽をまっすぐにやってるとこも私は大好き。
勢い1発な感じじゃなくて緩急あるライブをやるのねぇ、と感心。前回も思ったけど、個人的にギターくんのプレイがとても好きだ。なんとなく音楽の趣味が合う気がする。(全然違ったらごめんちゃいね)
ただやっぱボーカルくんはちょっと喉弱いのかな?それとも猛暑の日本でエアコン負けしたのかしら?


4・ドキワクなArctic Monkeys。
いろんなとこでいろんな方に「すごくいいよ!」と聞いてたし、噂が噂を呼んで単独やアルバムの売れ行きがとんでもないことになってたから、非常に楽しみだった。
友達に聞かせてもらってたから、少しくらいは曲も聞いていた。(知ってるとは言えないほどだけど)
始まる前からオーディエンスの熱気ムンムン具合がはんぱでなく感じ取れて、こちらも緊張。でもどうしても途中退散しなくてはいけないことがわかっていたから、あまり前方に行けなかった。
そして登場!ステージの照明は赤!すごいスピード感!勢いがすごい!!オーディエンスのテンションがすっごい!!!全てイメージしてた通り!でもイメージしてたよりもずっと演奏がしっかりしてて、全てにおいて「この子らほんまに20才そこらなの!?」と驚いた。
そして怒られちゃうかもしれないけど、The Jamが登場したときってこんな風だったのかなー、て思った。照明の赤(しつこい)、疾走感、どこかしら苛立ちがある感じ、オーディエンスの熱狂、そしてどうしても私はボーカルくんのルックスが若き日のポールに見えて仕方ない。
CDを知らないしアレコレ言えませんが(もう十分言ってますね、ファンの方すみません)かなり満足して、後にすることができました。


そして寄り道をして、いざマリン・ステージにゆかん!!!
そう、私はMUSEを観ることに決めたのだ。
[PR]
by ms.paddington | 2006-08-17 03:39 | 音楽
<< Last game The Flaming Lip... >>