<< I LOVE WILCO Bannaroo >>

The Flaming World

BonnarooのThe Flaming Lips映像、今みたとこ。
凄まじくとんでもなく感動の号泣。
土曜の深夜だったらしいのですが、12:00~2:30の2時間半のリップスなんて
すごくないわけがなくて。
1時間に編集されて放送したわけですが、ほんとにほんとにすごくって。
(本音はカットしすぎにご立腹だけどね!)
もう始った瞬間からドリーミン全開。
イントロのトランペットのソロが流れる。
トランペット吹くWayne先生アップになる。
が、が、が!!
先生、口に当たってませんから!そこおでこおでこ(爆笑)!!
まるでコントのような口パク?に一人大爆笑してしまいましたが、
素敵すぎる。
昨年インタビューでお答えになってたように、実際音がでてるかどうかは問題じゃない。
そのパフォーマンスが大事なんだ。とのお言葉通りでしたね。
あれ、たぶん会場の人たちWayneが吹いてたと思ってると思ってますよ。
でもそれでいいんですよね?先生。
そこから続く1曲目は"waitin' for a superman"!!!!!(涙涙涙)
後ろのでっかいスクリーンに流れるあのPV。
これで泣かないリップスファンはいないでしょう。
昨年のsummersonicの大感動が甦りました。

でもさすがU.S.Aです。
規模が違う。特に"THE W.A.N.D"では拡声器に黄色と赤の発煙筒つけて叫ぶわ、
大量すぎる紙吹雪飛ばしまくるわ、モニター越しでもこの世の出来事だとは思えない世界でした。
本当に素晴しすぎる。
生きててよかった、ってまた思った。
自分のことしか見えなくなって人に優しくできなくなったりする時もある。
今がちょっとそんな感じだった。
自分が感じ悪いことがわかっててものすごく嫌だった。
そんな時リップスのライブを見て心が洗われた。
心が疲れてる時リップスは「ここでちょっと休んでいきな」って夢をみさせてくれる。
んで「じゃ頑張れよ」って送り出してくれる。
全てを受け入れてるかのようなWayneの懐と人間の大きさ、音楽&パフォーマンスの
美しさに心の底まで慰められた。
なんて勝手に思ってしまった今日のライブでした。
ほんとにほんとにすばらしいライブでした。
ちなみに今日も、先生お手製と思わしきおもちゃもたくさん使って遊んでました。
もーもー大好きです。
だめだめ感想文でごめんなさい。

このあとWILCO待ちです。
リップスでこんだけ感激して泣いてしまったのに・・・今からもうドキドキです。
[PR]
by ms.paddington | 2007-06-18 06:03 | 音楽
<< I LOVE WILCO Bannaroo >>