<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Not ordinary boys

いよいよあさって19日からイギリスに行ってきます!
自宅をでるのは明日なのですが調べ物や何やらに追われてたのと、ホテルのブッキングにしてもイギリス人のテキトーさにやられて荷物は手付かず。
ま、でもなんとかなりそう。(私も負けず劣らずてきとー人)

そして今回の旅の目的はもちろん"The Ordinary boys uk tour"を見に行くのです。
もちろん全部ではないけど、できる限り見てこようと思ってます。皆さんのご期待に添えるかどうかは別として、帰国後ご報告レポなどお伝えできればと思う次第です。
そしてそれ以外にも当ブログ2大看板の"waterloo sunset"と"paddington"も訪問&見てきます。それにネオアコ~ギターポップ育ち憧れの地、Glasgowにも行ってきます。
あとはモッズ改めフーリガンの聖地Brightonにも滞在予定。
自分でもアホやなー、と思うほどの贅沢ぶり。
でもいいの。「頑張ってきた自分へのご褒美だから♪(by anan)」


20日は私の初日、Norwich。
ここにくるまでほんとにほんとにいろんなことがあった。
何回泣いたかわかんない。
そして今でもまだ実感がなくて信じられない。
でも行くんです。観るんです。
正直、今ほど何かをいつかを待ったことはありません。
彼らのギグを観るのは約1年ぶり。そしてnew boyサイモン加入後は初。
いろんな方から「彼があのバンドを大好きなのは見てすぐわかるから」と伺う。そうだろうな。
私が出会って歓喜して心の支えにしてきたチャーリー(前ドラマー)のいたOrdinaryと同じ位最高だろうな。ううん、今が最高なバンドだ!って1点の曇りもなく思えるはず。

彼らは「僕らはステージに上がってるからって特別でも何でもないんだ。みんなと同じなんだ」
と言う。
確かにそれもそうだし、口だけじゃなくて彼らの本心だってライブを観ればすぐわかる。

だけどね。
ステージにいる君達の輝きっぷり、今自分達がここにいることを何の疑いもなく唄って演奏してる強さやまっすぐさはやっぱり普通じゃないよ。
地球の反対側にいる人間を感動させて、言語の違う国でたっくさんの人の胸を躍らせるなんて誰にでも与えられた才能だと思う?
「私の居場所はここ!」って自信を誇りを持っていられるフロア。
そこにいる人はみんなそれぞれに熱い気持ちや思い入れをたくさん持ってて、その場にいられることが私は何より幸せ。
ファンみんながバンドを愛するのと同じテンションでファンを愛してる(と信じてる)バンド。

書きたいことはまだまだあるけど、だんだん自分がおかしなほうに行ってるようなのでここいらで。

最後に。
バンドと同じくらい大好きな素晴らしきフーリガンのみんな。
気持ちはみんなと一緒に観てると思うよ。
でもいざライブがはじまっちゃうと全部ふっとんでしまうと思う。ただ唄って踊って暴れる?(できるか?)だけだと思う。ネタとかひらえないかも・・・・。
それを許すかどうかは、帰国後の土産話で判断してください(笑)。
あと、もしかしたら中間報告ができるかもしれません。その時は皆さんのブログにもお邪魔しますので気を緩めないように(ナゼに偉そう?)。
イギリスにいようとも皆さんのオモロ記事を楽しみにしてるんですからね!

それでは行ってきまーす!
[PR]
by ms.paddington | 2005-10-17 15:23 | The Ordinary Boys

January!!!!

The Ordinary Boys 待望の待望の来日決定!!!!

1月19日(thu) 恵比寿リキッドルーム


ビックリビックリ!!!!大興奮でどうしよう!
大阪&名古屋はまた今度発表だそうですが、やったーーー!!
後ろ髪ひかれつつ今年はライブ全部諦めた(ファーリーズやコーラルやhard-fiとかとか他にもたくさん)けど、これでスッキリ♪
悔いなく年越せそうです。

でも・・・チケット発売が10/29(sat)なんだよなぁ~。どおしよ?イギリスからも電話でgetできるのかな??
[PR]
by ms.paddington | 2005-10-14 13:40 | The Ordinary Boys

My best album 2005(?)

Death Cab For Cutie
new album "PLANS"


素晴らしいです。もうほんとにこれしかないです。
日本盤を待ってよかった。その割りに購入が遅いのですが・・・(汗)。
デスキャブもほんとにほんとにほんとーーーに大好きな愛するバンドなんです。
彼らのメロディーは泣かせるために書いているとしか思えないほどに、切なく繊細で私の琴線をバリバリ刺激してきます。
ちなみにB面&レアトラック集"you can play these songs with chords"収録のThe Smiths "this charming man"のカバーもサイコーー!!
USインディー界最後の大物的存在だったので、今作からのメジャー移籍は賛否両論のようですが、
ファンやリスナーにはいい曲を届けてくれてバンドが思うように活動できればどーでもいいこと。
だと思うけどそれが難しいことなのかな・・・?業界事情はわかりませんが。
そしてライナーを読むかぎりメンバーもメジャー移籍をそんな大したことだと思っていないようで安心した。

個人的「出会えた私はシアワセもの」の奇跡的な3rdアルバム"the photo album"に並ぶほど今作も素晴らしく大感動(涙)中です。
上記のデスキャブ節は健在。だけど決してマンネリとか使いまわしとかでなく、
「デスキャブらしさ」のすごさを実感する本当に素敵なメロディー達ばかり。
そして歌詞が・・・・どうした?ベン?なにかあったか??と思ってしまうほど、人を愛する気持ちがいっぱいいっぱい詰まっていろんな曲に現れています。もちろん今までもウルルンLOVEソングもたくさんあります。でも1枚にこんなにラヴが詰まってるのって初めてな気がするんですが。
胸にぐっときます。恋愛してる人にはたまらないほどの想いが・・・・
そしていつものごとく本当に励まされる強い言葉もしっかりあるし。そんでそんでビックリしたのは4曲目!!!!


「海が夕陽を引きずり込んだら海岸線が姿を消した
 誰かと話をしたくても言い方がわからない
 言語の壁をそっと恨んでみる
 だって、言いたいことは同じでも言葉が違うだけ」  ―"defferent names for the same thing"


実は私ごとですが、来週から霧の街ロンドンとその周辺(てゆーかイギリス)に旅行に行ってまいります。
溢れんばかりの楽しみで胸いっぱいな反面、一人行動の時間も少しあるんで心細いかも、大丈夫かな?というのもあった。
でもこの曲聴いて勇気がでた。
どこに向かうか何を話すか。
国境を越えても私自身は何も変わらない。伝えたい事感じる事があったとき、一人だったとしても大丈夫。
ありがとう、ベン。
イギリス行くけど、このアルバムは持ってくよ。弱りそうになったらまた励ましてね。
[PR]
by ms.paddington | 2005-10-13 23:16 | 音楽

Soulmate・one

世の中には自分のそっくりさんが3人いる(自分含めて)という話は有名です。
そして私も一方的に「この人!」と思ってる人がいます。
一人は中村 一義君です。
彼の1stシングルであり1stアルバム「金字塔」に収録されてる「犬と猫」をきいたとき、あまりの自分との一致ぶりに驚いた。


「街を背に僕はいく。いまじゃわいわいできないんだ。」


当時、私はありえないほどにどん底状態だったうえ、県外で一人暮らしをしていてどうしようもなく孤独だった。
職場と部屋の往復。感情のない毎日が過ぎてただけ。
そんな私のことだとおもった。
音楽を信じるきっかけをくれたのは、The Smithsだけど音楽以外信じなくなったのは彼の音楽に出会ったから。
「この人たちは私を理解してくれる。この人たちは私。ここ(音楽を聴ける部屋と時間)だけで十分」

中村君は今、100sというバンドを結成し本当に楽しそう。
数年前、1度だけ100sのライブを見た。
中村君は風邪をひいていて声はまるっきりでてなかった。すごく悔しそうだった。
ただ、1曲ごとにメンバーとのやり取りやMCがあり(彼なりのゴメンナサイだったのかは不明だけど)、すごくアットホームでいい空気だった。
ただ・・・・正直私はそのあったかさ、というか仲間ぶりに少し淋しくなったのも事実。
すごいいやなヤツ。
でも、生「犬と猫」そして「永遠なるもの」を聴けた。それだけでものすごい満足だった。
終演後は一緒に行った友達とライブについては何も話せなかった。「言葉にしたらもったいないよね」と意見が一致したので。


なぜにこんな話を?せっかく遊びに来てくださったのに(いらしたらの話ですが)、マイナスなオーラを放つ記事でごめんなさい。
8年前の今月、私は「犬と猫」に出会ったんです。
そしてここんとこ自分が情けないくらいに弱りきってて、どうしようかとビクビクしてた。
そんな私を助けてくれたのは、音楽じゃなくて友達だった。
音楽に逃げようとしてた私をひっぱりだしてくれたのは、みんなだったんです。


d0021094_2303873.jpg「街を背に僕はいく。今じゃわいわいできないんだ。」


同じ言葉を今はぜんぜん違う解釈で感じています。
逃げるんじゃない。スタートなんです。
100sを楽しんでる中村君の気持ちがわかる気がする。
だってsoulmateだもん(一方的に)。
[PR]
by ms.paddington | 2005-10-12 23:12 | 音楽

Newcomer

d0021094_18115333.jpgThe Kooks


見つけました!!!
これまた意気のいいイギリスポップバンド!
上記バンド名のリンク先のオフィシャルサイトで2曲のPVと1曲の試聴ができるんですが、これがすばらしく若僧POP!!!で
私、ひじょーーーに好みです。


最新曲"sofa song"は60'sな匂いもありつつ今風なサビだったり、なつかしいようなとってもいい曲。
試聴のみの"macthbox"は、ローファイまじりの軽めな感じでこれもスキ。
そして私の心をグイッとつかんだのは、彼らが17~20歳というこれだけでヨダレもののプロフィールでなくて(当然ココも飛びつきましたが)、少し前にでたシングル曲"eddie's gun"です!!
この曲を最初に聴いたのですが、「うおっ!久々にUKからパワーポップがでてきたーー!!」といたく興奮しました。
でも他の曲聴くとキラメキまっしぐらではなさそうですね。
この子らきっとストロークスチルドレンなんだろうな~なんて思ったり・・・
「音楽をプレイするのがたのしーー!」ってのがなんか伝わってきて、いい意味でお子ちゃま丸出しなとこがとっても好感もてるし応援したくなる。
音楽LOVEなバンドって新人大御所老いも若きも素敵じゃないですか?まあミュージシャンみんなそうだろうけど、でも久々にけがれてない純粋さを目に耳にした気がします(←オーバー)。
あくまで私がね。
もちろん曲聴いてもメロは好きだし、若さを武器に全力で好きなことをやってくれそう!と期待特大なので、ここにサポーター宣言!!

なんでも敏腕マネージャーのもと、すでにWeezeerのUKツアーの前座をこなし明日からはThe SubwaysのサポートでUKを廻ることも決まってます。
そして来年早々にはデビューアルバムもリリースされるらしいし、こりゃ楽しみだわん♪
21世紀のThe Fansになることを願ってるよーーー!!
[PR]
by ms.paddington | 2005-10-11 19:00 | 音楽

Happy Birthday dear my best friend...

♪happy birthday to you~happy birthday dear~

私の大好きな大好きなIちゃん。
今日は私の大切なお友達のお誕生日なのです。
何度も記事にもしたことのある素敵な女性。
あまりに好きすぎて、たまに自分が怖くなるくらいだから彼女はもっと怖いはず・・・ごめん。

昨年も楽しいこと嬉しいことステキなことがたくさんあったと思う。
悲しいことや辛いこともあったでしょう。
でも今日からの1年はあなたにとって、嫌な思いをすることははぐんと減って、
もっともっとハッピーでありますように。
そうやって「最高だった昨年より今年はもっと幸せな1年でありますように」って、毎年心から願ってます。

あなたに出会えたことを心から感謝しています。
お誕生日おめでとう♪
[PR]
by ms.paddington | 2005-10-05 18:51 | 日記

oh no.....

ヤバい、本気でやばくなってきました。ケイタイ・・・・。
メールがセンターで止まってて次のと一緒に届くのはもう慣れた。
折りたたみを開いた時に画面が真っ暗になって、電池パックを入れ直して復旧?するのもザラ。
でも・・・送信したつもりが「えらい返事が来ないな・・・」(身内のお使いとか)と思ったら未送信になったままだったり、
その逆で「続きはあとで」と思って未送信に入れたつもりが、「あの続きが気になってて・・・なに?」って送信されてんのかよ!!??
(ご迷惑おかけした方ごめんなさい)
百歩譲って私の勘違いで送信未送信をミスってたとしても、着信音がシャッフルされるのはおかしすぎないかい!?
家族の音で友達のが鳴ったり、電話着信音でメールが届いたり怖いんですけど。
そういう設定を知らない間に自分でしてるのかな?それも怖いがほんとに何これ。
毎回ってわけじゃないけど、最近多発。
ケイタイがおかしいのか?ポルターガイストなのか?
元々メカはめっぽう弱いから、未だに携帯機能把握しきっていないしどうやって直るのかわからない。
3年すぎると寿命でしょうか、やっぱり。

でも買い換え考えてたから、いざ携帯屋へ!!
docomo.vodaphone.au.
どこがいいんだろう?
私の希望は簡単でメールができてカメラ付きで海外対応のやつなんですが、どこがお得で使い易いんだろう??ちなみに今はdocomo。
ほんとに無知な自分ですが、よきアドバイスをお願いします!!
月曜早速行ってこよう・・・・。
[PR]
by ms.paddington | 2005-10-01 20:07 | 日記