<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Oh my gosh...

一昨日の夜中、突然激しい腹痛が襲ってきて「何だ??!!」と怖くなって、
昨日病院にいってみた。
診察して採血、レントゲンとったあと先生は軽く、
「盲腸やね」と。はいーー?!
まさかそんなこととは思ってもなかったから驚いた。
で、「今日うちでは手術できんから紹介状書くから~」と話が緊急手術に向かってたけど、
そんなん急に言われても困るので、
「薬でなんとかなりませんか?」とお願いしてとりあえず点滴と薬で処置。
したらかなり楽になってじっとしてたら何ともないし、こうしてPCをカチカチたたく事もできる。
至って元気です。
でもネットで見てたら再発することも多いらしく、いずれしなくてはいけないなら早めに取ってしまったほうがいいのか・・・と悩んでます。
でも…手術はいいとしても入院が大大ッ嫌いなんだよなー。
あの状態こそストレスを生み出すっちゅーねん!!
夜中にトイレ行くのとかめちゃめちゃ怖いし・・・まるで子供のようですが、ほんとに入院はイヤ。
でもまたいつ暴れだすか、そう思いながらいるよりはえいっと覚悟決めたほうがいいのか?
うーーん。。。悩みます。
とりあえず月曜に大きな病院に行ってこようかと思ってますが、ほんとにかなり楽になってるから治ってるんじゃないかな~。手術なんてしなくていいような気がしてます。
皆さんもお体には本当にお気をつけくださいませ。
[PR]
by ms.paddington | 2006-09-23 14:43 | 日記

Seaside in Mie

9月7日(thu)

いつものごとく予定とおりに起きることができずに30分寝坊する。
内線で「早く朝ご飯食べにおいで!」とせかされてばばばっと準備をしてもぐもぐ・・・。
今日も天気はよくないなーと思いつつも、豪勢旅館をあとにする。
本当に素晴らしいお宿でした、お世話になりました。

そして今日最初の目的地は「鳥羽一郎・山川豊兄弟の故郷」。
別に意味はないのですが、せっかくここまできたのですし行きたい!とリクエストしておいた。
山道をぐるぐるぐる登り、いかにも漁師町!なところでした。
お天気がよかったらこの辺りは最高の眺めらしいのですが、ぼやーんとしてて残念。またきます。
そして近くの展望台にも連れていってもらったのですが、、、すごい霧!!道が全く見えず徐行運転。
展望台には兄弟どちらかわからないけど歌詞の石碑が建っていた。
霧の中を気をつけて鳥羽の町へと戻り、鳥羽水族館
に到着~。
小さい頃行った時に大きな水槽に圧迫されて海の中にいるみたいな気分になって以来、怖くて行かなかった。(泳げないし軽く水恐怖症かも)でもなぜだか「絶対行きたい」とわがまま言っていて連れてきてもらった。
見るからに大きな水族館で遠足気分でワクワク。
中のつくりは12のテーマごとにわけられてて「コーラルリーフダイビング」にはカラフルな熱帯魚がいっぱいいて(ニモもいた)、「極地の海」にはラッコやイロワケイルカなどがいた。
では鳥羽水族館の仲間たちを。

(7月に産まれたばかりの赤ちゃんはママに
ぴったり寄り添い泳ぐイロワケイルカの親子)    (決定的瞬間!立ちあがるラッコ)
d0021094_211759100.jpgd0021094_2121474.jpgd0021094_21234136.jpg









(種族を超えラブラブのジュゴン(♀)&カメ(♂))






d0021094_2145542.jpgd0021094_21462259.jpg(㊧カメラ目線のおりこうペンギン・㊨立ち眠りするペンギン)

写真とコメントがずれずにちゃんと編集できてるでしょうか?(心配)
もし見にくいことになっていたらごめんなさい。
でもこの写真達にまたまた癒されてほっとしてしまった。
ここではアシカ&セイウチのショーも見たし、結局3時間ほど遊んで本当に癒された。
大きな水槽はあったけど、すっごい広い空間にあったし、恐怖感を覚えることなく、克服できました。
とても癒される素敵な場所です。機会があれば是非遊びに行かれては?

朝ご飯を食べたのでお腹もすいてなかったので、昼食を食べずに次なる目的地へ。
水族館を出ると天気も回復してむしろ暑いくらいの気候になってた。ようやく青い海青い空!
ほんとに海辺の神社、二見興玉神社に到着。ここも平日なのに観光客の人達が大勢いて海外からお越しとみられる方々もたくさんいた。
絵馬がたくさんかかってるところを通りすぎようとした時yちゃんが「すごい絵馬見てしもーた!」と驚く。「なになに?!」と聞くと「ドラえもんに会いたい、て書いてた・・・」めっちゃかわいーーー!と子供が書いたと思い込んでまた癒される。うん私も会えるなら会いたいよ。
そしてカエルのおみくじをひき、私は末吉、yちゃん大吉!でご満悦。
ここから眺めることができた夫婦岩。
d0021094_22104185.jpg自然の産物もすごいが、これを夫婦とまつるアイディア?も素晴らしい。
気温もあがってきてかなり暑くなってきたので、車に戻り例のものを食べよう!と発進。
やってきたのはまたまたおかげ横丁(どんだけ好きやねん!)。
ここで食べることができる「赤福氷」が来る前からの楽しみだった!d0021094_22144222.jpg

抹茶のシロップのかかった氷の中から赤福のあんこと餅が現れる。
氷&あんこ、あんこ&餅、氷&あんこ&餅、、、いろんなレパートリーで味わう事ができすっごーーーい美味しくて2杯でもいけそうだった。また絶対食べにきます!
ここでもまったりおしゃべりして、そろそろ宿に行こうか、となり向かう。
今日は伊勢のビジネスホテルに一人で泊まる。ここには大浴場があるから風呂好きの私にはうってつけ。

ここのホテルの1階にある和食屋さんにジャンボエビフライ定食なるものがあるらしいので、
晩御飯の時間までまた部屋でのんびり雑談タイム。
で、食べに行き注文すると「食べやすいようにカットしますか?」と聞かれる。エビフライ食べるのにカット??子供みたいだなーと思いつつも「お願いします」。
運ばれてきたのは、ヒレカツ大盛りみたいなエビフライだった!これは・・・カットしなかったらどんな大きさでどうやって食べるんだ?と思うほどにデカイ。一切れがヒレカツ一切れとして10枚ほど?はあったと思う。しかもこれエビ切れやし。
食べるとぷりっぷりでジューシーでこんなエビ食べたことない~~と大感動。昼抜いてよかった~。女2人モリモリ食べてまたあーでもないこーでもないと時間を惜しむように話は続く。

そしていよいよお別れの時(涙)。
2日間も引っ張りまわしてしまったけどいろんなところ連れていってくれたこと、本当に本当にありがとう。
あんなにたくさん話したのにまだまだ時間は足りなくて、きっと何度会ってもそうだろうね。
伊勢も鳥羽もほんとにすごくいいところだよ!来るなといわれてもこっそりきます!
ほんとに来てよかった。しつこいけどありがとう。
あまりにも楽しすぎたので、ちょっとセンチになりながら眠りにつくのでした。
[PR]
by ms.paddington | 2006-09-19 22:39 | 日記

Autumn band '06

d0021094_0182060.jpg
"Fountains Of Wayne"

旅の途中ですが。
Fountains of Wayneの1st albumです。
旅から帰ってきてうちにいる時はずーーっとこれと"out-of-state-plates"のdisc1を聴いてます。
どーしてこんなにも聞いてる?思ったら昨年の今時分もファウンテインのこと書いてました。
私の秋バンド。でも秋だからだけじゃないよなー、当たり前だけど。
2ndも3rdも"out-~"ももちろん大大大好きで素晴らしいんだけど、1stが私は本当に好き。
2nd以降アレンジも曲の幅も広がってるしパワーポップ好きにはたまらない必殺ギター満載で、歌詞もFOWを確立していってる様が見事で名曲揃いだけど、1stが尋常でないくらいメロディが好きでたまりません。本当に素晴らしいメロディだらけで…
全身全霊でこの12曲を愛してます。1曲目から12曲目まで全部全部ツボ。
いつ聞いても何百回聞いても胸がきゅんとなり泣きたくなる。
こんなに思い入れ込められるの、クリス&アダムは嫌がるだろうな~。ごめんね。


こんな奇跡みたいな作品が↑のとこで輸入盤まとめ買いした場合、977円 で購入できます。複雑だけど・・・・。
ジャケいつの間に初めのに戻ったんだろ?かっとこかな。

I wanna sink to the bottom with you
the ocean is big and blue
I just wanna sink to the bottom you - "sink to the bottom"
[PR]
by ms.paddington | 2006-09-19 00:45 | 音楽

Brighton of Japan

9月6日(wed)

バタバタとしてしまった名古屋滞在だったけど、後輩ちゃんに見送られて名古屋駅へと向かう。
これから私が向かうのは、三重県。
お友達が住んでて行きたいなーとは以前から思っていたけど、いい具合にライブ遠征のスケジュールと合わせていけそうな時間ができたので、初三重!
近鉄急行で向かいながらも旅を味わうこともせず、爆睡。乗り物に乗るとどうしてあんなに気持ちよく寝れるんでしょうかね。
目が覚めると乗車してる人が2、3人しかいなくて焦る。「もしかして違う方向きちゃった?」と
不安になったけど、次の停車駅のアナウンスで安心。
「宇治山田駅」という駅でおりると、みやげ物店街があったりちょっとだけうろうろしてから、しばし待つと友達(以後yちゃん)が来てくれたーー!久々の再会(感涙)!
きゃーきゃーいいながら彼女の愛車にお邪魔する。そしてまずどこに行くか?先にお伊勢参り行くかご飯食べるか?とりあえずまずは伊勢神宮の「外宮」を参ることにする。
歓迎されてないのか天気はあまりよくなくて今にも降りだしそうな空を不安に思い、歩くコースを先に行こうと。
到着して手を清めて森の中をてくてく歩く。勝手に神聖な気分になってたからかひんやりした感じとか静けさとか噂通り「なにかが」いるらしい空気だった。
で、参ってみた。
d0021094_15364435.jpg想像してたよりあっさりしてる鳥居。でも歴史を思わせる佇まい。中に神主さんが説明をしていて盗み聞きして「ふんふん」と勉強。柵が設けられていて中にふるーい家みたいなのがあったがここには天皇陛下(一家も含まれるのかな?)しか入れないとても重い場所らしい。
それから20年に一度のお祭り「式年還宮」の準備が始まっていて(8年も前から準備するとは!)、準備のひとつで大きな木を男性陣が運んでくる「御木曳」なる行事では道を担いでくるパターンと川の中を担いでくるのとあるらしいが、川の中って・・・・命がけですな。

車に戻り、さてメシメシー♪と出発。
ご飯はyちゃんが考えててくれてて伊勢神宮内宮側にある「おかげ横丁」で。
江戸時代後期大変賑った町並みを再現した通りだそうで、お土産やさんはもちろん有名な伊勢うどんや、赤福本店や「おにぎりせんべい」で有名なマスヤの食事処とか、かわいい雑貨屋さんなどがひしめく非常に面白いとこで興奮してきょろきょろ。
事前に目をつけていたうどんやさんもあったので行ってみると「本日臨時休業」・・・・(泣)
諦めてマスヤさんのお店に入る。伊勢うどんを食べるつもりがみんなが食べてた親子丼があまりにも美味しそうだったもんで、こちらにに変更。これが美味しかったー!


腹も満たしたので、メインの本宮にお参り。
これが入口&宇治橋(↓)。d0021094_15581348.jpg
一休さんの橋みたいな大きな橋でおお!と感動。春は桜が綺麗らしくその季節にまたきたいー!
ここからずんずん歩き森の中も進む。
ぺちゃくちゃお喋りしてたけど、あそこすごいよなーー。外宮よりもより一層気がでてた。森のせいもあるんだろうけど、なんかおっきなものに包まれてるようだった。平日なのに人が多いのにも驚き。





そして内宮本殿?到着。
d0021094_1662971.jpg
外宮も内宮も鳥居の中に入っての撮影は禁止だそうで、鳥居のこんな写真ですけど・・みなさんにもご利益がありますように。
でこちらでもおさい銭を投げてぱんぱんと祈る。
たかが100円でお願いしすぎ?でも電車代とかバス代とかもろもろ込みでみてくれないだろうか・・・(神に怒られる)
ここの中にも一般人立ち入り禁止の敷地があり気になりつつも当然入れないので道を戻る。

そして再び「おかげ横丁」に行き、私が以前から目をつけていた伊勢のキャラクター「赤太郎」(↓)d0021094_1619062.jpg
にも出会い彼のグッズもくまなくチェックしたり(チェックしすぎて何も買ってないことに気付く!)
yちゃんオススメのかわいい雑貨屋さんでも素敵な雑貨にあれもこれも…となりそうなのを抑えて、またここでもキーホルダーお買い上げ。なんでも「厄除けには5色だったか7色のものを身につけるといい」と書いてあったしキラキラかわいかったので。こういうとこ気にするようになったあたり年を感じます。
喉も乾いてきたのでモダンな雰囲気の喫茶店にてお茶して語る語る。
念願だったお伊勢参りができて大満足だったのと、やはり神をまつる場所っていうのは神秘的な神聖な空間だなーと感激しながら伊勢を後に鳥羽へと向かう。

鳥羽へは車で20分くらい?温泉町らしくあちこちに「○○宿」「××旅館まであと1km」の立て看板が目立つようになってきて、海が出てきたところで「うわーー!」と大興奮!
私の地元も太平洋沿岸ですが、こちらはまた違うんだろうなって楽しみにしてたからほんとに感動だった。ただお天気がよくなかったもんで、綺麗なブルーとかいかなかったけどでもやっぱり海を見ると落ち着く。
そうしてyちゃんの手配してくれていた宿に着きました。ってあんた!!めっちゃめっちゃ豪勢なおっきなホテルやん!!
サスペンス劇場でみるみる、こーいうとこ!という本当に大きな老舗旅館のようで驚いた。
でもこんな機会しばらくないだろうから、ありがたくお邪魔する。
お部屋に通してもらったらまたビックリ!大きい窓から海が一望でき、なんといっても部屋に露天風呂があるしーー!
ねぇねぇ「るるぶ」で見てたけどこういう部屋ってべらぼうな金額するよねぇ・・・とちょっとびびってしまう。
で、本日のお部屋担当の仲居さんがいろいろ気を遣ってくださり、いちおう大人なのでお心遣いのようなものを渡そうかと・・・ほんとに申し訳ないほどのものだけど。
でもお姉さん「私は受け取らない主義なの」ってかっこいー。でも遠慮されるほどの金額じゃないし逆に恥ずかしいのですが・・・と押し問答しつつも結局受け取っていただけなかった。
こういう場合、どーしたらいいのでしょうか?受け取ってもらえるまでねばるのが正しかったのか??
これで終わるわけではなかった!!
食事が・・・豪勢なんてもんじゃない、私こんなすごいの目にしたことないっすよ!まさにねえさん、事件です!
d0021094_16451113.jpg(とりあえず刺身盛り合わせ。まぐろとか伊勢エビとかあわびとか、凄いっしょ!他の贅沢料理はいずれUPしたいです)
これは旅番組なのか?TVでみることばっかりが私の前に現れてきて感動とかありがたいとかそんなもんじゃない。本当にありえないことばかりで言葉にできない感謝です。
もちろんお味のほうもおいしいの一言で2人共食べる事に必死になり無言になりながらお腹いっぱいいただきました。

そしてtalk talk talkな夜。女2人よれば話は尽きません。(重い話までもしてしまってごめんyちゃん)
話すぎて上にある露天風呂と大浴場に入れなくなりそうになり、慌てて入りにいく。
これがまた素晴らしいのよ~。日本人でよかった~。
久々に足を伸ばして風呂に入ることができたし鳥羽の温泉パワーに癒されて上機嫌♪
まだまだ話しはつきず会話は続いたけど、だんだん眠くなってきたのでおやすみ~と就寝。
三重はいいとこ、一度はおいで~。な想像してた以上に素敵なところで忘れられない1日になりました。「日本のブライトン」とは間違ってないよ!海が近くてリゾート&観光地でお魚新鮮!
それにしても私は話が長いなー。。。
[PR]
by ms.paddington | 2006-09-18 17:12

The Futureheads at nagoya -05.09.2006

9月5日(tue)

昨夜の余韻を残しつつ、寝坊せず無事に名古屋行きのバスに乗る。
3時間揺られて到着して、今夜お世話になる地元の後輩ちゃんのおうちへと向かう。
最寄駅まで迎えにきてもらい、久しぶりの再会を喜び盛り上がる。
私はこの後輩ちゃんが大すきです。直接の後輩ではないんだけど、私よりずっと若くてかわいくて癒しのオーラを持つギター少女。
今の彼女のお仕事の話や「フジ行きたかったよね~」(彼女も今年行けず)などと語りながら、
昼食をとりに名古屋名物「矢場とん」へと向かう。
前回ボーイズで来た時も食べたが、みそかつのウマさに感動してたしどーしても行くと決めてた。やはりうまかった。
そのあとパルコに連れていってもらい、うろつく。
そして地下の雑貨屋さんで運命の出会い!
だいすきなチェコの絵本キャラクター「クルテク」グッズがいっぱいあるーー!!しかも「ラチとらいおん」グッズも!
とりあえずうざいくらい物色してクルテク仲間のはりねずみのキーホルダーを購入。(→)d0021094_21553495.jpg
絵本で見るよりかわいいのが気にいった(絵本ではもっともっさりしてる)。
もう少しうろつこうか~と言ってると足に異変が・・・やばい、きた。
私はよく足がつるのですが日常的なことだしへーきへーき、と思ってたけど、両足裏が交互につるのはちょっと痛すぎる。。。ライブ前だしとお茶できるとこに移動して休憩。
足もちょっと楽になったしここで後輩ちゃんとはひとまずバイバイして、今宵もクアトロ@名古屋へ。

会場に入ったのは6時半くらいだったのですが、入ってマジ・・・?と青くなった。
人が・・・少ないんだけど。とりあえず一旦後ろのもたれることのできるとこに居たものの、
いてもたってもいられず荷物をロッカーに預けて前にいこう。と、ここで東京から遠征してきたMちゃんに再会!彼女のそばにおいてもらうことにして開演を待つ。その間も容赦なく足裏はつり、相当不審な動きをしてただろう。

いよいよ、名古屋のFutureheadsはじまり~!!
セットリストは前日とほぼ同じと思われる。が!決定的に違うのは今日は前から2列目で見てること。メンバーのかっこよさにまいまいしてクラクラして、こんな近いと目が合いそうで(見てない見てない!)、終始バリーさんのギター弾く指に目がいっていた。てか指めっちゃきれー。
先にも書いたようにお客さんの人数は、、、だったけど、周りにいるオーディエンスは個々に1、5倍増しな感じで盛り上げようっていうか楽しんでノリノリだった。「寒くてごめん!でも私ほんとにフューチャーヘッズ最高だしダイスキ!」とみんなから愛が溢れてたように感じた。
そーよ!イギリスじゃこんなことまずありえないでしょうから、あなたがたにとっても貴重でしょ?!と、無理やり思ったりして。
今日も1st2nd織り交ぜて1曲1曲を全力で見せてくれる。
"hounds of love"では申し訳ないことにコーラスのパート分けのMCを言えないくらい気を遣わせてしまった感があったけど、私は知ってる。
言われなくても向かって左方面の方々はロス、右の方々はジェフ、というように♪オッオ~オ~♪オッオーって言ってたんだよ。ここにいる人達ほんとにFutureheadsの音楽を愛してる。
ライブが進むにつれてどんどんそれを強く感じた。ここにいるみんなサイコー!
新曲のジェフさんがタンバリンを叩く曲ではなんだか照れくさそうに叩いて、いじられ役と見うけられる弟ちゃんは今日もいじられ、ロス兄は登場時からメガネかけてなかった。
そして終盤の見所、私のno1 Futureheadsソング"decent days and nights"
どの曲も本当に最高で甲乙つけがたいのだけど、ネットで見た昨年のグラストでのこの曲のステージが本当に最高だったため、どうにも脳に焼き付いてる。
どーしてだかわからないけど(たぶんしつこいくらいみたからでしょうが)、始まりから終わりまで鮮明に憶えてる。だから私の中で彼らのライブを思い出す時には真っ先にこの映像が頭に浮かんでた。目の前で見てないから大阪で書いたことと矛盾してしまうけど、もちろんフジもリキッドも脳裏にしっかりある。でも・・・そーなんだよな。
で、この日バリーさんはグラストの時と同じエンジ色のマーチンを履いてた!昨日もかもしれないしいつも履いてるのかもしれない。でも私にとり特別なあの映像と同じ靴、同じステップをこうして真近で見れたことにほんとーーーに感激だった。
演奏は昨夜も今夜も間違いなくかっこよかった。名古屋に関しては前に居すぎてちゃんと聞けてなかったけど、でもあのプレイ、ステージングに文句のつけようなんてない!
アンコールでは、バリーが先に現れてギターじゃかじゃか始めたのに、後の3人はそでから「あはは~」と手を振ってる。「え?!おい!」みたいに焦る表情のバリー。ほんと仲良しなんだから。
本日の〆も"carnival kids"
曲自体うわーってなる曲だけど、ライブでしかもアンコールラストだもん!毎度のことながらお祭りです。本当に本当にライブをしに日本に来てくれてありがとう。

4人は本当にかっこよくて素晴らしいパフォーマンスを見せてくれて楽しませてくれた。
でも今日1番輝いてたのはメンバーじゃなく、隣で見てたMちゃんです。
本当に楽しそうで歌って跳ねて手をかざしてキラキラしてた。フューチャーズへのLOVEがこんなにもあるのね!と溢れてたし、楽しそうな彼女の傍にいて私までニコニコなってライブ以上のものを感じることができました。本当にありがとう、Mちゃん。
そして、大阪&名古屋の日記を書くにあたり、曲順など参考にさせて頂きました。こちらもサンキューです。

大阪で書きすぎてただの感想文になってるよな。。。名古屋はー?ともしもお思いの方がいらしたら、申し訳ないです。きっとどこかでどなたかが素晴らしいレポを書かれてるのではないでしょうか。そちらを・・・(他力本願で失礼)

最後に私の記憶は更新されて彼らのライブといえば、「2006年の名古屋!」と言いきれる。
この2日、本当に最高で素晴らしい時間と音楽を心からありがとう!The Futureheads!!

d0021094_238258.jpg


The Futureheads site(試聴などもできます)

1st album "the futureheads"

2nd album "news and tributes"
[PR]
by ms.paddington | 2006-09-17 23:12 | 音楽

The Futureheads at Osaka -04.09.2006

9月4日(mon)

いよいよ楽しみにしていた関西ー東海地方遠征♪
私の寝坊魔はハンパでないので、寝過ごしたら・・・と思うと結局寝ずにバスに乗る。
まずは大阪。
着くなり移動も含めて体調がどーんと悪い。。。やばい。旅は長いので無理は厳禁。
なので、時間ギリギリまで休む。
体調も幾分持ち直したので、quattro大阪へ。
本日、
The Futureheadsであります。
彼らはほんとにほんとにかっこいいライブをするし、1stも最高で大好きであります。
なのに2ndはまだ購入してなくて、もたもたしてるうちにライブ直前になったから
「この際ライブで1番最初に聞いてやる!」と開き直り参戦しました。
会場入りしたのは開演20分くらい前?だったのですが、お客さんの入りはそんなに…だったのが、「フューチャーヘッズよ?!」とすごーい意外だった。
で、友達に会う事ができ、合流させてもらい待つ。

客電が落ち、メンバー登場!
1曲目は新譜から。知らないのにそんなことはおかまいなしにノッてしまう。いや、のらせる彼らに脱帽。1曲目終了と同時に、メガネフェチの皆様お待たせしました、ギターさんメガネはずす。
(余談ですがメガネフェチの友人曰くメガネ男性は外す瞬間が1番セクシーだそう。確かにセクシーでした)
で、いくつか新曲したあと、"meantime"!!!!ベースのイントロでテンションふりきれる!
ライブで初めて聞くのもいいけど、やっぱ聞いてて見るに限る!先生、ごめんなさい。
そして"A to B"!!!この曲は横で一緒に見ていたYちゃんのテーマソングなので、テンション2倍2倍。もちろん私のフェイバリットソングベスト5に入る曲だし、この曲で彼らに出会ったから特別な曲。
そして私の大大好きな"stupid and shallow"
間奏~後半がもうほんっとに大好きで、ライブではさらに生々しく演奏されてうぅ~言葉がでない。
ステージに立つ4人は相変わらずキメてて、楽しそうでがむしゃらにプレイしてて最高にかっこいい。常に会話を交わし、しかもジョークと思われるやり取りをしててほんとに仲いいんだなーって思った。
ボーカルのお兄ちゃんはポロシャツ(or半袖シャツ)?にチョッキを着用しており、でも熱くギターを弾き歌いまくってたら暑かろうに…。
ギター&ベースコンビはいつものごとくシャツを肘までまくりあげサイドを固める。この袖まくりが私の中での学校の先生味を高めるのですが、やはり似合ってました。
ドラムの弟ちゃんは黒のTシャツで熱くドラムを叩いていて、彼のドラムがこのバンドの基盤なんだなーって納得してしまった。タイトなのもきっと彼のドラミングの及ぶところが大ではないかと。
でもステージングでは前3人の並んで互いにボーカルをとる姿がやはり圧巻。
以前どこかのサイトのレビューで「ジョ・ストラマーが3人並んでるようだ」と評してましたが、
まさにそう!そう!と膝を叩いたことを思い出したりしてた。でも私にはこの3人の歌う姿をズバリ形容する言葉がない。
というかThe Futureheadsとはそんなライブバンドなのだ。生で見る事でしか自分の中に残しておけない。
新曲はもちろんかっこよく、フューチャー節あればキャッチーな曲もあり言うまでもなく私は虜。
でも1stの曲もかなり演奏してくれて"he knows"の♪お~お~お~お~、ではここにいるみんなが「わかってるよ」とばかりにコーラス担当し、"hounds of love"でもいつもと同じく「こっちの人はロスね、こっちの人はジェフね」と掛け声分けして大合唱。
で、本編ラストは"man ray"これがもうやっぱり言葉にならないかっこよさでCDでもライブでも
最高!コーラスの掛け合いもさることながら、間奏でドラム周辺に集まり「GO!」の掛け声の瞬間はキャー!ではなく、うおぉぉぉ!て感じでゾクっとくる。

一旦立ち去り、アンコール。
最初2曲は2ndからプレイしてくれ、ラストもお約束で"carnival kids"
ギターロス(シガーロスみたい)のボーカルでもうみんな大暴れ!最後なんてステージ上4人もテンション振りきれてて素晴らしかった。
終わったあと、みんな燃え尽きてたみたいな雰囲気が漂っててあちこちから「かっこええなぁ~」と。
終演後、もちろんすぐさま2nd購入。これがまたもぅかっこいい!当たり前だけど。
ライブハウスで見るのはほんとに久々でいろいろあった時期も過ごしたけど、ライブハウス復帰1発目がThe Futureheadsでよかった。ほんとにそう思った。まさに気分は♪welcome よ、う、こ、そ~日本へ~(by 某シャンプーCM)だ。
タイトでクールで大人で子供。そんな4人のフューチャーズ最高!
名古屋も行く事にしててよかった~。
ほんとはまとめて書く予定だったけど、長くなったので次へ続く。
[PR]
by ms.paddington | 2006-09-17 20:57 | 音楽

I like football

さてと。まだ旅日記のまえに私的newsを。
横のカテゴリーも増やしてみたのですが(少し前までブログにおけるカテゴリーの存在をよくわかってなかったから無視してた)、サッカー観るのすごくすきです。
とはいえ、したこともないしスタジアムでみたこともないし、語れる知識やなんやがあるわけじゃなく全く自己流でみてるだけだから…と思ってたのですが、帰って来てあまりにもサッカーニュースがあったもんで。
これからも勝手なこと書くかと思うけど、、、独り言だしまーいいでしょ。

1・日本代表がアジアカップ本選出場を決めました!
サウジアラビアにまさかの敗戦、イエメンにもギリギリ勝利・・・でもとりあえずは結果オーライで。
ちらっとしか見れなかったけど、相変わらず点が取れないのにはヤキモキさせられます。
頑張れ日本!!

2・アルゼンチン代表のリケルメ選手がおうちの事情で代表を引退するそうです(涙)。
がっつり思い入れがある選手なわけではないですが、やはりあの頑ななまでのプレースタイルや
キラーキラーパスはすごいぜ!とスペインリーグ観てた者&1番好きなのはA代表試合なので、とっても驚いたし残念です。と、ビジャレアル寄りになりそうな自分。

3・これまた今更ですが、私のだいすきなストライカー、ケジュマン選手がアトレティコを離れ、
トルコリーグのフェネルバフチェSKに移籍しました。背番号は9のようです。
そう、フェネルバフチェは前日本代表監督ジーコ氏が現在率いています。
wowowで観れなくなったのは非常に残念ですが、でもいい選択だったんではないかって
勝手ながら思う。えらそーですけど。
先日のUEFAカップランダース戦、2-1でチームは勝って得点も決めてます!
頑張れ、ケジュマン!!

4・ついに始まったEURO2008予選
上にも書いたように私は代表戦がすき。チームカップも面白いけど国の威信をかけた国のために、という雰囲気と気迫が最高。たまに自分は右寄りなんじゃないかと思ってしまう。
応援してる国のサッカーをそんな詳しく知ってるわけではなく、たまたま見た試合で好きになって見てみたとかほんとに好きなだけなので、あまりツッコまないでください。
旅先で知りびっくりしたのは、北アイルランドがスペインに3-2で勝ったこと!
すげーー!!試合内容が非常に気になる・・・見たい・・・
そしてひいきにしてる国の結果は、

チェコー9/6 対スロバキア ○0-3 勝ち点6

スコットランドー9/6 対リトアニア ○1-2 勝ち点6

セルビアー9/6 対ポーランド △1-1 勝ち点4

だそうです。ふむふむ、結果だけじゃわからんけど順調かと。
次回は10/7を楽しみに待つ。みんな怪我には気をつけてくれー。

5・そしてこちらもいよいよ始まったチャンピオンズリーグ
今年は力いっぱいサポーターなチームはでていないので、単純に楽しく興奮しながらみれそう。
でも応援してるチームは、セルティック。グラスゴーだもん!おしかったなぁ~。中村のフリーキックみたよ!!感動した!やつのFKはほんとにすごい。次はガンバ!!

あ!サッカー番組が始まったのでこの辺で。
[PR]
by ms.paddington | 2006-09-17 00:06 | サッカー

3rd album

旅から無事に帰ってまいりました。
いや~やっぱり日本は素晴らしい。そう思うのも行った先、出会った人々、会えた友達の力が大きいのですが。
そして宣言通り、ちょびっとだけ自分を見つめ直してきました。
記憶がどんどん遠ざかっていくのですが、これ以上忘れないうちにちょこちょこ日記を書いていきます。
その前に、旅前後忙しくて記事にしてなかったことも含めて。

まずは、The Ordinary Boys待望の3rd albumの詳細がオフィシャルで発表になってました!
タイトルは、"how to get everything you ever wanted in ten easy step" です。本国10月24日発売予定。
収録曲は、

'Introducing The Brand'
'Lonely At The Top'
'The Great Big Rip-Off'
'Club Chez Moi'
'I Luv U'
'Shut Your Mouth'
'Commercial Breakdown'
'Nine2Five'
'Ballad Of An Unrequited Self Love Affair'
'The Higher The Highs'
'We've Got The Best Job Ever'
'Walking On The Faultlines'
'Thank You & Goodnight'
'Who's That Boy'

になりそうです。
新譜についてPrestonがコメントを日記やNMEサイトへ語っておられます。
もともと負けん気強い発言してたけど、なんとなーく落ち着いた?と思ったら「2ndはちょっと失敗作(あえてこう私は訳します)だったから、売れなかったからって気にしてないよ」って(苦笑)。
こんなに素晴らしいレコードが売れないなんておかしい!とずっと思ってたんですけど…。
まぁいいか。たとえバンドがどう言おうが私にとって"brassbound"は最高で大切なレコードには変わりないんだしね。

そして3rdの前にシングル"lonely at the top"が10月16日にリリースだそう。
こちらもチェキラ!!

最後にプレストン、遂に(というか早くも)シャンテル姫と結婚した模様です。
おめでとう!!!勝手にハッピーおすそわけしてもらいました♪

congratulations! my best wishes to both of you!!
[PR]
by ms.paddington | 2006-09-16 22:37 | The Ordinary Boys

Please don't look for me

またまた久々の日記だ。
ここ最近忙しかったりいろいろと・・・。と言い訳。
もし来てくださってた方いらしたら本当にいつもサボり魔でごめんなさい。
そしてお友達のブログにも遊びに行きたい!気持ちはいつもいつもあるんですが、
なかなか行けずコメント頂いてるのにコメントもできず、ほんとに反省しています。

そんなふがいない自分を見つめ直そうと旅にでてきます。
捜さないでください。


とは(かなり)大袈裟ですが、ちょっと不在にします。来週半ばには戻ります。
そして気持ちも新たに珍道中日記を書きたいってこれは本気で思ってるので、
またお時間よろしかったら、遊びにいらしてください。

ではいってまいります。
[PR]
by ms.paddington | 2006-09-04 03:43 | 日記