<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

British Anthems 2007

British Anthems 2007

ぎゃああああああああ!!!!
どうしよう、どうしよう。
ごめんなさい、思いっきりチェック抜かってました。
British AnthemsにIDLEWILDThe Bluetonesが決まってたなんて!!!
今頃なんてごめんなさい、ほんとにごめんなさい。
どうしよう、今本当にただならぬ興奮状態です。
ついについにIDLEWILDがJAPANに来る!!!
ファンの皆様、本当におめでとう!そして私もおめでとうーーー(感涙)。
待ってました。
「きっと彼らは日本のこと嫌いだから来ないんだ・・・」と半ば諦めてた。
だから本当に嬉しい。なのに、、、知らなかったなんて。
それに、秋の来日キャンセルになってしまったThe Bluetonesまでもなんて~~~。
あの時期行けなかったから、これはもう素晴らしい!!のか?
行ける、のか・・・・?
the pillowsまでも出るのよ、奥さん!こんな豪勢なイベント観に行かないなんてありえるの?!
あぁ、でも今はとてもじゃないが頭が回らない。
とりあえず、緊急事態です。

3月3日(お雛様の日)
新木場Studio Coast
6500円
2/4 on sale
[PR]
by ms.paddington | 2007-01-31 01:38 | 音楽

Timeless songs

d0021094_21185772.jpgTeenage Fanclub "Grand Prix"

"Timeless melody"といえばThe La'sなので、"songs"にしてみた。
グラスゴーのいや、ギターポップ界の重鎮、Teenage Fanclub の4thアルバム。
1995年発表。

ティーンエイジはどのアルバムも最高級POPSで、ずっとずっとだいすきです。
どれもほんとに好きでふいに聴きますが、本日はこちら。
前作までのぎゅいんぎゅいんギター曲はかなり鳴りをひそめ(というかほとんどない)、
全曲素晴らしすぎる泣きサビ美メロ。
名曲"sparky's dream"や"neil jung"はもちろん、1曲目の"about you"から完璧なまでに名曲揃い。
"I'll make it clear"の♪I'll make it clear I love dear~のサビの美しさったら・・・。(今ちょうどここ)
そしてラストナンバーの"hardcore/ballad"においては、、、やっぱりティーンエイジね、と
思わず笑ってしまうオチも入ってて。

いつも不思議に思う。
彼らやFountains of Wayne、Brendan Bensonとかってどうしてこんなにも
素晴らしいメロディ、曲を作り続けることができるんだろう?
私が60年代に青春時代を生きていたらThe Beatlesに、70年代だったらThe Kinksに対して同じようにリアルタイムで思えていたんだろうな~。
いや、そういうことじゃないか。


彼らが幾つになっても名曲を奏で続けるように、私もいつまでも聴き続けるでしょう。
時代や流行が変わろうとも、私はずっとTeenage Fanclub を"Grand Prix"を手放さないことでしょう。
The BeatlesもThe Kinksも今もずっと傍にあるように。
[PR]
by ms.paddington | 2007-01-26 22:06 | 音楽

A memory

d0021094_2248150.jpgBen Folds Five "ben folds five"

Ben Folds Fiveのデビュー作。
今はもう解散してる。
この作品が私はものすごく好き。
そんなに頻繁に聴くわけでもなく、特別な思い出があるわけでもない。
でもとにかくものすごく好き。
もちろんソロのベンもすごく好き。
ソロライブ(ほんまにピアノとベンだけ)観たとき、感極まってしまった。
雨の大阪、「雨に唄えば」やもん。そりゃ涙でる。

話を戻して1st。
何がどこが好きなのか説明できない。
ギターレスバンド。ピアノ弾きまくり叩きまくり、めちゃくちゃ美しいメロディー。
"philosophy""sports&wine""video"・・・あー!どれもこれもすっごい好き。
ギターなしでピアノ。すっごいかっこいい。
発売当時、とあるお店で働いていたが従業員4名全員購入。
店長とお客さんいない時にスタッフ3名(女子2名男子1名)でBen Folds Fiveごっこしてた。
今でいう「エア・なんちゃら」?か?私はたいがいベース。ふざけた店だ。
この頃"Trainspotting"が大ヒットし、私は香港映画にハマってた。
ジャッキー・チェンとかのほうじゃなく、ウォン・カーウェイとかのほう。
トレスポは・・・・共感はできなかったけど(私には話がハードすぎでした)、サントラは最高!
これも大好きだなー。
ウォン・カーウェイ作品は、今でも好き。
「恋する惑星」なんてストーリーかわいすぎる。"ホテル・カリフォルニア"・・・・。
ああ、話が脱線しまくる。
もう何がメインかもわかんないすね、ただの思い出話。
なぜに今日この作品を記事にしてるのかもちょっとよくわかりません。
ただ本当に名盤だということには変わりはないのですが、
うまくレコメンドできません。
Ben Folds Five(&Ben Folds)が好きとしかないからな。。。
彼のピアニストっぷりはほんとに笑えて、曲とパフォーマンスで、
観客を楽しませて感動させて満足させてくれる。
生はもちろん、DVDでもCDでも。

先に「この作品に特別な思い出はない」と書いたけど、
この後、心がボッキリ折れてしまうシーズンが始まるので、
このアルバムは非常に貴重な作品なのかもしれない。
シーズン中に発売されてたら、今でも知らなかったのかもしれないし。
"ben folds five"を聴きまくってた時も、状況は↑のように憶えてるのに
何を考え思っていたのかは思い出せない。
脳の衰えなのか、それとも単に何も考えてなかったのか?
そう思うと、やっぱり音楽との出会いは一期一会であり、思い出と共に音楽はあるのだな、と。
(無理やりな〆)
[PR]
by ms.paddington | 2007-01-22 23:37 | 音楽

My boom

d0021094_230462.jpg
「うるおい美率」

ここ2ヶ月ほどこれにハマってます。
毎日欠かさず飲むにはいささかお値段が・・・ですが、サプリメント1つ減らして
お休み前にできるだけ飲むようにしてる。
CMでは井川遥さんが美肌を披露してるアレです。
お味はマスカット風味で甘くとろみがあり、美味しく飲みやすいと思います。
お肌のハリに大切なコラーゲン、潤いを保つヒアルロン酸、
しわの改善に役立つといわれるエラスチンが、肌と同じ比率で配合されてるそう。ゆえに「美率」。
肝心の効果のほどは、一概にドリンクのお蔭とは言えませんが、
朝起きるとどことなくハリがあるような気がします。あくまで気がするだけど。
お味もイケてるので(トロみ系がダメでしたら無理でしょうが)、
試しに一度いかがです?
[PR]
by ms.paddington | 2007-01-19 22:44 | 日記

Hang in there!!!

阪神・淡路大震災から12年が経ちました。

あの日、私の住む地域でも震度4の揺れが起こり、余りの揺れに家族全員飛び起きました。
妹はとっさにベットの下にもぐり込んだ。
関西圏でもないのに。震度4なのに。
震度7の想像を絶する被害地、被害者。
起きてテレビで見た映像は忘れていない。
バスで関西に向かう時、淡路島、神戸を通っていく。
震災の面影は見られない。街も人も。
それは本当にすごいことだと思う。
たくさんの人の生きる勇気と元気で復興した街。
反面、先日ニュースで被災者の孤独死された方の数が昨年66人だったと報じられていた。
中には3ヶ月も経ってから発見された方もいらしたそう。
胸が痛くなりやりきれなくなる話だ。

天災に対して人は無力かもしれない。
でも隣の誰かを思いやる気持ちがあれば生きる希望は持てるかもしれない。
体験していない私が言っても何の意味も持たないだろうけど、1月17日という日を
忘れず活かせる日本になればいいなと思う。

被害者の方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by ms.paddington | 2007-01-17 16:00 | 日記

Fuji Rock Festival 07

Fuji Rock Festival 07 公式サイト

7/27(金)~29(日)開催と決まりましたーー!!
そしてなんと、日曜ホワイトの大トリはWilcoです!!!!私の脳内で。ごめんなさい。
でもくるまで毎年その心つもりで待ってます。
それはさておき、昨年行けなかったことでいかに私にとってあの場所あの時間がかけがえのないものか・・・
身に染みた1年だったので、今年はできるだけできるだけ参加するつもりです!
行かれる皆さま、是非に山でお会いしましょう♪

フジに備えて節約の日々が始まるのですが、なにこの来日ラッシュ?!?!
ううぅ、頭が痛い・・・
とりあえず、MUSEが1発目になるかなー。
んで4月にはBen Kweller、Sonic Youth&ボアダムスが日程近いからこれはオイシイな~、
と思ってたら!
Beckまでも決定!!
きゃあきゃあ♪♪
4月の遠征ははずせないこと確定しました。
嬉しい悲鳴だけど、フトコロも悲鳴だわ。。。
つーことで、ごめーんJet・・・諦めます。

話はぶんと飛びますが、本日のプチ感動。
今日テレビで卓球の福原 愛選手のインタビューをやってて、
「今年の目標は?」との質問に
「目標を決めるとそこが限度になってしまうのが嫌だから、ありません。
できるとこまでやります。」
と答えておられました。
なるほどなーおっしゃる通り、と感心ひとしきり。
この言葉もすごいけど、あの若さでさとってらっしゃるのがすげー。
やっぱ世界で戦ってる人はすごいんだな、私も頑張ろう!と漠然と励まされました。
頑張ってね、愛ちゃん。
[PR]
by ms.paddington | 2007-01-17 02:36 | 音楽

Happy Birthday to Preston!!

d0021094_2141450.jpgあちらではまだ16日ですので。
Preston、ハッピバースデーーーイ!!
昨年の今頃は大きなお兄さんの家にいて、その前の年は確か誕生日前にバイクで事故って、(と記憶)、そのまた前の年はデビュー直前で・・・・。
これだけでもすさまじいですが、きっと毎年毎年が特別なお誕生日なんでしょうね。Prestonに関わらず誰でも。
でも今年はさらにスィーーートなお誕生日でしょう。
きっとこれからもいろんなこと積み重ねて歳をとっていくだろうと思うけど、
いついつまでも負けん気強くて優しくてかっこいいPrestonでいてください。
ありのまんまがサイコーじゃな~い?!
30歳まであと5年。
30歳で音楽止めたければ止めればいいし、30歳にならなくても過ぎてからでもいつだって
いいんだから。
その時を決めるのはあなた自身。
それまでは、ずーーーっと着いてくつもりだから!頑張れーー。

今年1年も素敵なことたくさん溢れる日々でありますように。
おめでとう!!
[PR]
by ms.paddington | 2007-01-17 02:16 | The Ordinary Boys

Happy Birthday to You!!

お誕生日おめでとう!!我が愛しの姫君、yちゃん!!

昨日までの人生も笑いあり涙ありの素晴らしい日々だったと思います。
今日からの1年にも時には涙することもあろうかと思うけどその何倍も笑って笑って笑って、
ステキな1年になりますように、節に願っています☆☆☆
私はいつもあなたの優しさとお笑いセンスと愛溢れる人柄に救われぱなしです。
ありがとう×∞。
これからもずっとその素晴らしいあなたらしさを失くさないでね。

幸せは歩いてこない、だから歩いていくんだよ、って教わりました。
ありがとう。
幸せを掴んでください。

今日の日に伝えたいことは、たくさんあるけど書いてたらどんどんエスカレートして
怖いことになってきた・・・・ので、やめときます。
続きはまた逢引きのときに!!違うかっ?!(←ツッコミ口調)

とにもかくにもHappy Birthday dearest yちゃん!!!
[PR]
by ms.paddington | 2007-01-15 21:36 | 日記

I Luv U

d0021094_2050388.jpg
♪あい~らぁ~~びゅ~~(プレ真似)
が本日発売されました!

"I Luv U"
PV


CDシングルのほうは、
1. I Luv U
2.cant take my eyes off you [BBC radio2 session]
7inchのほうは、
1. I luv U
2. I Luv U [shes stolen U mix]

だそうです。
cant ~(邦題・君の瞳に恋してる)は放送の時に聴いたのですが、もうね~~

あまーーーーーーーーーーい!!

思いっきり嫁に捧げてますバージョンだった。幸せって罪ですね。
とはいえ、すっごくステキなカバーだったと記憶してるので、非常に楽しみ。
remixのほうはどなたかよくわかりませんが、Mike Skinner(the Streets)軍団の方のrimix「らしい」ので、これめちゃめちゃ楽しみです!!
PVは・・・今更言うまでもないですが、"nine2five"や"lonely at the top"のあのキメキメすかしっぷりは何処へ・・・
いや、でもこっちのほうが断然面白くてこういうノリだーいすきです。

そして日本時間明朝4:00~7:00にPrestonとWilliamがXFMにゲスト出演らしいです。

早く現物届かないかなーー♪♪
[PR]
by ms.paddington | 2007-01-15 21:14 | The Ordinary Boys

New year 2007

明けましておめでとうございます。
皆さんにも私にもますますよき1年になりますように。

お正月はゆっくり過ごしました。
食べて寝てTV見て。
元旦にTVでやってた「ミリオンダラー・ベイビー」を鑑賞。
イーストウッド作品だとかアカデミー作品賞だとは聞いていましたが、見るのは初。
新年早々すんごい重い映画でした。
「尊厳死」(というのは誤った表現かも・・・でもほかに思い付かない)を扱ってる作品。
生きるとは、死ぬとか、命とか人生って。。。
答えがあるような話ではないと思う非常にデリケートな問題だけど、
他人事じゃなく心のどこかで考え続けていかなきゃな、と思った年明けでした。
ヒラリー・スワンク、クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン。
人間の強さ弱さ優しさ悲しみを感じ取り考えさせてくれた=思いっきり話に集中した。
「看板に偽りなし」な最高の出演陣だと思います。

今年もたくさん音楽聴いて映画見てブログもなるだけおサボリすることもなく(汗)、
日々頑張っていきたい。
今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by ms.paddington | 2007-01-04 23:54 | 日記