<   2007年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Voodoo festival on the webcast

中継開始まで全く眠れずにいたから、かなり早くからPCの前でスタンバイ。
Common兄さんのクールさを「ふんふん、かっこいーねぇ」などと見てたらあっという間に10時ちょいまえ。
ドキドキ・・・・・してたら4分前に突然映像止まる。?????「おーーい!起きろーー!」と超焦りながら何度も接続するも全然繋がらなくなり、なんで~~~??!!と半泣き。
5分がすぎ10分がすぎ、「・・・・・・そーかいそーかい。ネットですら私にライブ見せるの嫌なのかよ。。。涙。」
とすごい自意識過剰な被害妄想炸裂寸前。
ちょうどその時、『働きマン』citeさんからメールをいただき、「繋がらないんですーー」と泣きつく。(ほんっとうにすみませんでした。猛省しています)
したら!!メールを送信したらすぐに繋がったーーーーー!!!もう絶対citeさんパワー頂戴したんだ!ありがとうございます!姉御!!

1番最初に画面に映ったのはジェフ(萌)でした。"I am trying to break your heart"を歌ってる最中。
あちゃちゃー。これは2、3曲終わってるな。と思いながらも感動。
髪も髭も伸ばし(び)放題なワイルド・ジェフ(熊ジェフでも可)もかっこよい(泣)。
ただ今日喉の調子がいまいちだったのか、声がよくでていたほうではなかったように聞こえた。こう何度もかすれ声になることはないような気がして、ちょっと心配になる。でもそれ以外は全然元気いっぱいだったから特に問題あったわけじゃないと願います。。
そうそう、今回「hello」は右手あげバージョンだった!しかも「hello」のあと「hi,how are you doing?」まで挨拶しちゃってさ!うっらやましいいい。
もう大大大興奮のるつぼ。照明は暗い赤でこの曲のイメージとぴったんこ。ドラムと鉄琴同時に叩くコッチェの妙技を後ろから完璧なアングルで映して(左手鉄琴右手ドラム)、コッチェのすごさにまた改めて感動。
今回の中継では引きのショットもかなりありその引きの絵がまたよくわかってらっしゃる!な映像でした(ディレクター、絶対wilcoファンだと思う)。ステージの大きさとか客席とかの感じがフジのグリーンみたいな感じに見えた。で、もちろんお客さんぎっしり。ステージ袖の関係者が見るとこも右も左もぎっしり。す、すげー。

"I am trying~"最後のぎゅるぎゅるぎゅる~~のノイズ嵐が消えると同時に照明が赤から黄色にチェンジ。そして"handshake drugs"!!もーちょっと完璧じゃない?スクリーン越しに見てこんなんだもん。現地だと相当すごいことになってんだろうなー。
この曲は途中からトリプルギターがどんどん盛り上がっていくんだけど、ベースのジョンもいれて横1列に男4人が並んで弾きまくる姿をまた絶妙の引きショットで映す!やばすぎ。私の見たいツボつきまくり。
最後はジェフがアコギからエレキ(詳しくないのでどこの何モデルかはわかりませんでした)に持ち替えて、ネルスと向き合いギター合戦!ちょーーーーーーーーーーーかっこよすぎ!
ってかさ・・・・ここまですごかったっけ?!と途中何度も思った。USツアーはここで終了、春からたくさんたくさんこなしてきて、集大成的なライブだったんだろうか。
10年(以上)選手であり相当な凄腕集団なのに、いやだからこそなのかもしれないけど、
常に何か次のことを考えていてチャレンジしているように感じた。ずっとやってる曲でもまたさらに進化してるように思えた。
で、ここでライトはブルー→白。そして一旦落ちてる中、♪タララン、タララ、タララン~!
のイントロと同時に白ライトがぐるぐる回る、"a shot in the arm"!!!!
その間、ほんの何十秒だと思うんだけど、さっきまでギター弾きならしてたPatはもうピアノの前に座ってる!この人二人いるんじゃねーか?!それはまるでちょっとしたイリュージョンみたいな鮮やかな移動。
この曲もライブではもうお馴染み。明るくてノリがよくって、そして「anymore!」がだーい好き。
デンバーでのライブを思い出した。
そして次に"impossible Germany"をプレイ。「unlikely Japan」の時、ジェフUPにしないでくれー(涙)、なんてわがままなことを思いつつも歌うジェフに釘付け。大丈夫、聞いてる人がいるってこと、わかってくれてるんだよね。
なんてしんみりしてる暇はない!後半のジャムジャム・タイムでは本日もジェフとパット至近距離向かい合わせ弾き。くーーーっ、やっぱかわええのう。で、ネルスは一人別行動で弾きまくる、と。
で、今日の放送。ネルスうつりまくりだった。ジェフと同じくらいか下手したらジェフより映ってたんじゃないか?ってくらいの映りまくり具合。
アメリカでネルスはスーパースターなのか(確かにすごい評価されてるギタリストですけど)、それともディレクターがネルスLOVEなんかな。

そんなネルス劇場が終わり、ジェフが「VOODOO~!!」とでっかい声で叫ぶ。
お!こりゃあの曲やっちゃうのか!?と色めきたったものの、"too far apart"だった。
いやいや、この曲(1st収録)をフェスでやっちゃうってことはツアーで相当気に入ったんだろうな~、などと想像。
デンバーで聞いた時も1stん時と同じような印象があったけど、ほんとにそうかな?と注意深く聞いてきた。
うんうん、やはり流れとかはそんなに変えていない。もちろんメンバーはがらりと変わってるから
違ってはいるんだろうけど、私にはあんまりわかんなかった。
あ、でもパトちゃんがマラカス&タンバリンかなりの頻度で使っていたようだから、よーく聞くとアクセントが加わっているのかもしれない。
最後のフレーズ、なんとジェフがアカペラで歌い「voodoo~」まで大サービス!で、ジャッジャッジャジャ♪と最後の部分演奏しながらジェフ「ア"ーーーーーーッ!!」とにしおかすみこバリに絶叫。でもそれがすんげーーーかっこよかったんですよ(惚)。
横ノリから軽快な打ち込み音!"heavy metal drummer"だーーーー!!!
この時、後方から客席を映していたが、みんな大喜びでぴょんぴょん飛び跳ねる人続出。
やっぱみんな大好きなんだねー。ぐっときてしまった。
で、イントロの時ステージ横のスクリーンにアジア人?もしくはアジア系アメリカ人?の女の子の写真みたいなのが映った。下のほうに丸いフォントで何か書いていたけどネット映像だし読めなかった。
なんなんだろう?ウィルコが流したのかvoodooが流したのが不明だけど、もしジェフだとしたら「・・・・・・・あの子誰よ。」と軽くジェラシー。
ま、そんな嫉妬も今日くらいはいいよね?と思いながら、私もノリノリ♪
この曲はいつだってアゲてくれる。ライブや映像はもちろんだけど、CDだって何百回聞いても変わらず心踊る。
ジョンのコーラスは今日も冴え渡ってる!高音キーでジェフの歌声に花を添え、時にそのハーモニーで2倍にして届けてくれるジョンの声は本当にビューティフル。
何かの曲でジョンのコーラスがジェフより長かったためジョン声だけ聞こえたんだけど、ほんっと透き通るような繊細な声で感動した。

そして一旦ブレイク、よく聞こえなかったけどジェフがおしゃべりする。
んで暗いブルーの照明に切り替わり、"jesus,etc."切ないメロディー、しっとりとした演奏、切ないジェフの歌声。しっかりと聞かせてくれます(感涙)。
"impossible Germany"や"handshake drugs"で「オレオレ」弾きするネルスも、ここは影を潜めてしっとりとラップスチールをつま弾く。
この曲だけでないんだけどいつもいつも前にでるんじゃなくって、引くとこはちゃんと引いてジェフの声を引きたてる黒子にだってなるんです。どっちがいい悪いじゃなく、そういうとこにジェイとの違いを感じる。(とはいえ、ジェイはあまり好きくないけど)
うるうるきそうなあとに、"walken"!!!めっちゃ大好きなんですよー、私。
間奏や最後のソロん時のジェフの左手の動きに萌え萌えなんだし、歌詞も励まされて大好きだけど、ラストのジェフのソロ~コッチェのドラム~パットのギター~マイコーのピアノ~ジョンのベース~ネルスのギター、とだんだん音が重なっていき最後みんなの音が一体になるのがたまんなく好きだーーーーーー!!!もう大興奮ですよ。
んで、でた!パト吉さんのギター・ショウ♪ギターを縦に持ち右に左にぶんぶん振りながら弾く。
もちろんここはパット姿のUP。本人かなりのキメ顔ぽいけど、かっわいーなぁwって笑ってしまいます。
演奏も大盛り上がりで終わり続けて"I'm the man who loves you"。
お待たせしました!コッチェ立ち上がりスティック両手で上にかざす。それにみんなも「ohhhhhh!!!」と盛り上がって応える。いいなー!
この曲も"heavy metal drummer"に負けず劣らずノリノリでみんなを踊らせてくれる曲だから、そらもうすっごい雰囲気なんだろうなぁ・・・・。とこの時ちょっとだけ切なくなった。
最後ジェフはコッチェの前で彼向きでギターを肩の位置くらいまで水平に持ち上げ弾き。
な、なにがしたいんだ?!と思いながらも、あまりのチャーミングっぷりにメロメロでした。
ここでジェフがギターを下ろす。つーことは!!!"hummingbird"です♪
この曲から思い出したようにマイコーさんのピアノプレイ、いっぱい映りだす。
そーなんですよね。この曲はマイコーありき、だと思う。軽快でほんとにハミングするようなピアノ。
他の人が弾いてるのを聞いたことがないから比べようがないけど、でも彼こそこの曲に最もふさわしいピアニストだと思う。あ、あと"theologians"もね!(ジェフ&マイコーで作った曲だし当然か)
でさ!でさでさ!!!ディレクターがネルス萌えなのはよーーっくわかったけど、ジェフのステップを映さないでネルスのオンリーショットなんてありえねーーーーーーー(怒)!!
ちょっと、かなり、すっっっごいがっかりでした。。。。
怒りながらも次は"hate it here"。ひゃー!ちょっとなにげに今日のセトリ、スペシャルじゃない?と、思った。でもこの後もっともっとすごい曲が待ちうけてるんだけど。ウヒヒ。
そしてフェードアウトとイントロが繋がって、そのイントロは!!!!"red-eyed and blue"!!!!!(号泣)。
今思い出してもうるっときてしまう。デンバー日記でうざいほど書いたけど、本当にこの曲が大好きで大好きで。
デンバーではあまりの驚きと感動でよく覚えていなかったから、今日はちゃんと聞く!そう思いながらもでもじわーっとこみ上げてくるもんもあり。。。
収録されているバージョンはしっとりしたバラードなんだけど、ライブでは「alcohol and cotton balls」で1回全員がバーンと音をだし、そしてまたすぐに「some drugs~」とジェフが静かに歌い、最後♪チャーチャーチャチャチャチャン辺りからロックバージョンに生まれ変わってる!(2ndでは軽いというか控えめな感じ)
最近のインタビューでジェフが発言していた「バックステージで古い曲をみんなで試したりすると、まるで新曲をやってるような新鮮さがあるんだ。」(みたいな感じ)との言葉は、この曲や"to far apart"さらに"casino queen"なんかのことだろうなぁーってしみじみわかる。
先にも書いたけど、止まってなんかいられない人達なんだ。それは新しいものを産むことだけでなく、古い曲をアレンジ変えたり試してみたり常に何かをしようとしている。しかもそれがオリジナルに負けず劣らず極上の1曲だったりするからたまらない。
そして思う。「私は本当にWilcoが好きなんだな。好きでいていいんだな。」って。
求めてる音楽と作り出される音楽がこんなにも一致するバンドがいるなんて想像を絶する嬉しさ。

と、軽く悦に入ってしまいましたが(恥)、"I got you"!!!!そりゃもうお祭り騒ぎですよ!
かっこいい!ほんとにとにかくかっこいいよ!!ふーーデンバーが甦ります(泣)。
そ、そ、そして!チャララ~♪ジェフのギター一発でわかった!
"casino queen"キターーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!もーもーもーーーーめっちゃくっちゃ聞きたかった。昔のライブ映像でこの曲をやってるのを見て「うっわ!!かっこよすぎ!!」と悶絶したけど、最近またちらほらやってる、というのをオフィのセトリで見てて「いいなー。んで今の6人の"casino queen"はどんなんだろう?」って興味津々だったから、嬉し過ぎで本日1番の大興奮!!!
ギターが3人だから当然ギターがぶ厚い。しかもネルスのギュルギュル弾き("side with the seeds"とか"impossible Germany"とかに象徴されるあの音です)入れちゃうから、すごいことになってる。
たぶん、このアレンジは好き嫌い分かれると思う。ネルスのギターをいらないって感じる人もいるだろうし(確かに弾きまくり)、今のウィルコらしくって単純なロックナンバーでなくってイイ!て感じる人もいると思う。
私はめっちゃ興奮したし、好きです。「大好き」というにはまだ1度しか聞いてないから言いきれないけど・・・。なんせ前の映像バージョンが相当ヤバいから。(メンバー紹介してフェードアウトしたと見せかけて「casino quee~n」と歌い出すとこがヤバすぎてたまらなくスキ。今度もやって~!)でもほんっとうに聞けてよかった。かっこいいよーーーー(涙)。大大大興奮でした!!!!!
んでもって、ラストに"outtasite"!!!!!!!!キャーーーーー!書いててまた興奮しております。
この流れ、完璧です!デトロイトのセトリ見て「いいなー」て妬んでいたその流れ再現!(感動)
メンバー6人ともすっごい楽しそーーーー!元気いっぱい弾きまくる叩きまくる。
「これぞロック!これぞバンド!これがライブ!!」といえるほど、音が厚くて、もーなんて言葉があるんだ?説明できない。
なんか単純にすごいなー。って思った。今相当いい感じなんだろうな。
ジェフもみんなも6人ともが理想とする音楽をできる6人なんじゃないかな、なんて超知ったかですがなんだか伝わってきたように思える。
ステージを去るとき、ようやくお客さんの顔が映ったんだけど、もうみんな笑顔ステキすぎて妬いちゃいます。
予定時間を過ぎていたからアンコールないんだろうな、あっても映像切り替わるんだろうなって思っていたらウィルコ登場で続けてくれた!やっぱウィルコファンだわ、ディレクター。感謝!!
「ここに来てくれてありがとう」とか軽くジェフが挨拶をして、ディンディンディディン~♪
うぎゃーーーーーーーーーーー!!!ここにきて"hoodoo voodoo"キターーーーーーーーー!!!!!!!
[voodoo]繋がりで「やるかなぁ」って期待していたけど、結局しなかったしアンコールも"spiders"かな?って思ってた。(これ聞けなかったのはちょっと残念だけどでも文句ナシ!)
これも昔はやってたようだけど、最近はごくごくたまーーにしかやってないレア曲。でもここでやらなきゃね、って曲ですわ。(ちなみにウディ・ガスリーの詩にビリー・ブラッグと一緒に曲をつけて制作した「marmaid avenue"収録曲。そしてウディさんは南部オクラホマ出身。ここも南部オクラホマ州は南部ではないですね!知ったかしてしまい大変失礼しました。謝)
収録されてる曲よりちょっとだけタイトな印象を受けた、初めは。
演奏よりもジェフの歌声が大きく聞こえていて、それは意図したものなのかそうでないのか?はたまた私の耳がおかしいのかはわかんないけど、アップテンポで進行していく。
が!!!ただで終わるわけはなかった。
間奏の部分でジャムが始まったかと思うと、先攻ネルス、後攻パットのギターバトル勃発。
ネルスがギュイギュイいわすと、パットはテケテケで応戦。パト吉くんがネルスに寄って行って向かい合わせでバトルw何度も何度も繰り返し、ジェフもメンバーも笑ってる。
ほんっと楽しそう!こん時に「ほんっとうにこの人達楽しいんだなぁ」ってすんごい感じた。
そして10回くらい繰り返したのち、再び「hoodoo voodoo~♪」と歌い、また盛り上がる。
そして「ありがとう」と6人が頭を何度も下げて帰って行った。

またまたお客さんの顔が映ったけど、やはりみんな笑顔で「thank you~」って顔してた。
そーでしょうよ。こんなちっちゃな箱で見ててもこんなに楽しんで感動してすごさが伝わってきたんだもん。そこにいるあなた方はさぞハッピーでしょう。
などとちょっとひがみっぽいですが、ローな気分はまるっきりナッシンです。

ほんとはちょっと不安だった。UKのことは大丈夫になったものの、
でも「寝て起きたら16日になってたらいいのに。」ずっとそう思っていて、「マドリード&バルセロナ8日間の旅」とかダブリンのエアーやらホテルやら検索しまくって、こんなにも強欲でわがままな自分にほとほと嫌になってた。
頭でも心でもほんとはもう十分ってわかってるのに。
だけど、今日のライブ中継を見て大満足で完全にふっきれました。
私はWilcoのライブが見たかっただけなんだ。そう気付いた。そりゃ生とネットじゃ違うよ。
でもそれでもライブには変わりはないし、現に今私はライブを見れて満たされてる。それでいい。
4年半待ったんだもん。あと少し待てばきっと今度は目の前で見れる。
もしも来日が先になったりUKのほうが先にリスケジュール組むことになるかもしれないし、予定が立たなかったりしても、少なくとも3月オーストラリアはある。
もちろん日本でライブして欲しい、ってのは大前提で待ちかねることだけど。
でも目標がないとダメな私には今決まってるライブがあることが新たな支えなんです。


落ち込んでた私を励まして支えてくれたみなさん、ご心配おかけしましたがもう大丈夫です!
頭の中はWilcoでいっぱいだけど、いい方向ばっかりだし元気です。
つーか、、、、ネット中継の感想文でこの長さ&熱さ。ビックリしちゃいますね。
毎度のことだけど、でも今回は大目にみてやってください。
Wilco、素晴らしい音楽と感動をありがとう!!

※完全版ではないですが、私が聞いたとこからのsetlistを。
HPで更新されたら後日、追加します。


VOODOO festival 28/10/07


・I am trying to break your heart
・handshake drugs
・a shot in the arm
・impossible Germany
・too far apart
・heavy metal drummer
・jesus,etc.
・walken
・I'm the man who loves you
・hummingbird
・hate it here
・red-eyed and blue
・I got you (at the end of the century)
・casino queen
・outtasite(outta mind)

encore
・hoodoo voodoo
[PR]
by ms.paddington | 2007-10-29 20:58 | Wilco

hoodoo voodoo

いまさっきvoodoo fes on webcast終了しました。あ、wilcoがです。
みんな元気そう、てかめちゃめちゃ元気いっぱいでした!
出だしトラブってしまいましたが、もーーーーーーーーーー最高でした!!!
あまりに最高すぎてこれでキレイさっぱりアイルランド行き、諦めつきました。
(あやうく行く予定組みかけていた自分が怖い)
レポやsetlistはまたあとでゆっくり書きますが、この感動と興奮をまずは書いておきたい!
そう思って。
なんたって"casino queeeeeeeeen"!!!!!!やっちゃって、あの曲もあの曲も↑な曲まで!
絶対アーカイブ上げて欲しい!上げるべき!!!!!
WILCO LOVEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!
[PR]
by ms.paddington | 2007-10-29 12:05 | Wilco

webcast and AUS tour

連日WilcoWilcoですみません。

今日オフィHP更新されていて、日曜の"voodoo festival"なんと!
webcast中継ありですよーーーーーー!!!配信サイト
映像つきか音源だけか見るの忘れちゃいましたが、でもすごい!!!!
挽回するスペシャルな「何か」な予感キテますキテますーーーーー>citeさん!!!
"hoodoo voodoo"やっちゃったりするかな!?ベタすぎてやらんかな?!
Wilco登場は現地時間28日8:00-9:30pm予定です。
この日Wilcoは大トリってことは生中継!?うきゃきゃーーーー!!!
なんだけど・・・・・・・今の今はちょっとキツいかもしれん。。。
納得してるし後は気持ち整理するだけなんだけど、聞いてしまうとやっぱり見に行きたい衝動抑える自信揺るぎそう、、、、てやめやめ!!!愚痴っぽくなってしまう。

あと、2008年1発目(?)ツアー@オーストラリアアナウンスされましたーーー!!!パチパチパチ!!
いつも年始めツアーはAUSな気がしますけども(羨ましすぎ悔しすぎ!)、
この後??この前??超超チョーーーーーー期待しております。
[PR]
by ms.paddington | 2007-10-26 17:32 | Wilco

UK dates cancelled

来週予定をしていたWILCO UK tourが全てキャンセルになったそうです。理由は「スケジュールの調整が整わないため」だそうです。振替も全く未定らしい。コチラ
ベルギー、スペイン、アイルランドは予定通り大丈夫のようですので、誰かの体調がよくないとか問題勃発とかではないと思われます。

実は、、、行く予定しておりました。全4公演ともに。
昨日チケット会社から「キャンセルのため払い戻し」メールを見て愕然。
オフィシャル見て呆然。
もうどうしいていいかわからなくなり、お友達ウィルコ会の皆様にメールをしてしまいました。
ご迷惑をおかけしてすみませんでした。>みなさん。


正直言うとめちゃくちゃ楽しみに支えにしていたからめちゃめちゃショックです。
それに来週の話でしたから。
だけどWilcoがキャンセルするなんてそれ相当の理由なり事情があってのことなはず。
ライブとファンを何より愛してる(はず)の彼らが誰より辛い(と思う)。
楽しみにしてたことがなくなるんだから、今はまだちょっと心に穴あいてるけどすぐに埋まります。
だいたい考えてみたら、今年は最高の新譜が出てネットで何度もライブ聞けて見れて、
遂に念願の生WILCOしかも本国アメリカで2日も見れて、
んでダメ押しに「日本に行く」ってジェフが発言してくれて。
こんなすごい1年ないよ!!!!あまりに調子に乗って欲張りすぎてたから戒められたのかも。
「今回UKには呼ばれなかったんだ」「やはりWilco見るならアメリカなんだ」そして、
「もしかして今年も大晦日ライブ、やらねーかな・・・(超期待)」なんて思えるようになったくらい。
今回の旅費は多少払い戻し手数料取られるけど、昨日ギリギリ間に合ったからツイてる!!
返って来るお金は年末か来年のシカゴに回して・・・と一人勝手に妄想。
そうそう!さっきちょいと調べてみたらアイルランドのベニューってキャパ750人ですって!!
クアトロ?orリキッド?くらい?すっげーーーーーー!!!!羨ましかー。
チケットまだあるみたいですから、行けそうな方!かなーーりオシシイかと。
私はシカゴのためにむちゃくちゃ我慢しますよ。。。

ウィルコ会の方々はじめお友達、ご心配及びご迷惑おかけしましたが大丈夫です!
ほんとにありがとうございました。このお礼はぜひに来月宴の席にて♪♪♪
[PR]
by ms.paddington | 2007-10-25 17:20 | Wilco

My Birthday

私ごとですが、今日誕生日です。
歳をとるのは嬉しくない気もするけど、でも年々いい時間が増えてる気がしていて、
それって歳を取るからこそわかってきたりできたりするからだと思うと、
シワやシミと格闘するのも我慢するか、って思えます。

そして大大大好きな人達に「お誕生日おめでとう」って言ってもらえること。
毎年ものすごくありがたくって言葉にできないくらい感謝でいっぱいです。
「今年も来年もここにいてね」って言ってもらえることを、本当に大切にしようと思う。
私は神のご加護を受けられるような人間じゃないけど(またえらいでっかい例えやな…)、
それでもこうしてかけがえのない人と音と言葉に出会い囲まれていること。
神さまに感謝です。
直さなきゃいけないとこや止めなきゃいけないとこ。
全然未熟者だけど、日々精進して今年1年一回り成長していきたいと思います。
今年はまだまだWilcoイヤー続きますので(断言)、万全で臨めるよう気を抜かないようにも。
今日の日を忘れずにまた新たな気持ちで来年の誕生日に向け、前を見て頑張ります。
なんか、、、、硬い挨拶になってしまったですけども(汗)。
みんなみんなみーーんな大好きです。いてくれてありがとう。本当にありがとう。
[PR]
by ms.paddington | 2007-10-22 22:52 | 日記

Refresh

昨夜はひっさびさのおかんむりモードでしたが(決してしょげてはいなかったよ)、
寝て起きたら治まって元気復活。
ほら、こんな看板出すほど元気モリモリ!

d0021094_11296.jpg『まきの元気食市場』まきの?"まき"の??(my name is マキ)
いえいえ、違います。牧野です。
「牧野植物園」という植物園がうちのごくごく近所にありまして、そこで週末催されていたイベントがこちらなのです。で、本日遊びに行ってきました。
料理の先生をお招きして地元高知の新鮮なお野菜を使った料理教室や、間伐材を使ったおはし作り教室とか行われたよう。おはし教室は少し覗いた時に見えた親子で作っている姿はとても微笑まししく和んだ。
市場では高知産の特産物で作ったデザートあったりちょこっと植物系即売会などなど。見てるだけでも十分癒された。
そしてそこで器(うつわ)のイベントもあり(土曜はハナレグミさんのライブもあった!私は行けなかったけど植物園でハナレグミなんてステキすぎ!)
イベントを主催した会社に勤めるお友達がはるばる関東より来高されたので、彼女に会いにお邪魔させてもらった。
入口ですぐに「きゃーー!」とフジ以来の再会を喜ぶ。が、厳粛な空気ビンビンの和室なためにひそひそとご挨拶。
6畳ほどのお部屋にはたくさんの器が並べられていて彼女はお客さんに作品の説明をしていて、それを横で盗み聞きしながら私も眺める。うーん、奥深い世界なようだ。
彼女があまりに詳しいため、「あなた、お弟子さんですか?」と高知弁ばりばりのおばちゃんに言われていたのはちょっと面白かった。
お仕事中なのであまり長居するわけにもいかず、お土産を交換して(サブレ、ありがとう!美味しくいただきます♪)近日の再会を約束してサヨナラする。

そして軽く植物園を散策。小さい頃から遠足で何度となく来てるけど、久々だなーって思いながら森林浴。
ここ、面白いのがハウスの中に暖かい地域の植物見れるコーナーとか、おっきなお庭にたくさん植物あったりなんてのは植物園だから当たり前なのだけど、1歩間違えると本気の山奥に迷い込んでしまうんです。なんせ山のてっぺんにある植物園ですから。なんかそんな記憶があるぞ・・・と思いながら寂しげな道に入り山道をてくてく歩くと知らない間に園外に出てしまっていた。こんな簡単に外に出れたら入る人も簡単やん(入館料500円…)。
でもこういう大らかさが高知のいいとこ。
友達に会い、緑を浴びて、最高のリフレッシュできました!
しょぼくれてる暇は私にはないのだーーーー!!

ご飯も魚も野菜も酒も美味しい高知。いいとこなのでぜひぜひ遊びにきてねー!!
[PR]
by ms.paddington | 2007-10-22 01:57 | 日記

no title

仕事帰りに無性にバームクーヘンが食べたくなり、コンビニ寄って買い食べた。
ツウでもグルメでもないからコンビニ商品で満足。

泣きたい。でも泣かない。つか泣けない。
30すぎてから悔しいとか怒りとかの感情であんまり泣かなくなった気がする。
なにを我慢してんのかわからないけど。
人から見たら好き勝手生きてて、何の苦労も我慢も努力もなくのほほんと生きてるように見えるかもしれない。
んー、実際そうかもしれない。人に迷惑もかけたことだってあるし好き勝手生きてるよな。
でもね、私の人生9割は嫌なことばっかりなんです!嫌なことやしんどいことやどうしようもなく寂しくなったりとか、我慢に反省に後悔。
でも残りの1割があるから頑張ってる。
好きなことしかしてないわけじゃないんだから!!!誰だってそうでしょ?

以前、写真家の蜷川実花さんが雑誌で言ってた。
「"フリー"って自由でいいねって思われがちだけど全部自分でやらなきゃいけないしほんとにしんどいんですよ。
自由ってたくさんのことを犠牲にして成り立ってるんです。」って。
今ふとこの言葉を思い出した。
頑張らなきゃいけないのだよ、私も。ってフリーでもなけりゃ職種も何もかも違うけどさ。。。

今みたいにどうしようもない時、ずっとずっとウィルコを聞いてきた。
泣きたい時に頭を撫でてくれる手はもってないけど、私を支えてくれる言葉と音楽がここにあるから大丈夫。
それにあと少しでひっくり返してくれる日が来る。
私の生きてきた時間には嫌なことや辛いこといーーーっぱいだけど、
でも自分を可哀相だとか恥ずかしいなんて1度だって思ったことない。
それだけは胸はって言える。

愚痴は書かない、って決めてたのに・・・。
あまりにも頭に来たもんで破っちゃった。でも書いたらすっきりした。
明日は楽しみにしてた植物園に遊びに行くし!バームクーヘンは美味しかったし!元気元気!!!
[PR]
by ms.paddington | 2007-10-21 02:08 | 日記

Magic Rock Out '03

さっき帰ってきたら机の上に2本のビデオとメモが。
「これあんたのやろ?/by 妹」
帯のシールに[magic rock out]と!!!!!!(もう1本は「マーサ・ミーツ・ボーイズ」のビデオ。これも探してた!)
ずーーっとずっーーーーと行方不明になってたビデオ。
部屋中家中何度探しても見つからなかったビデオ。
友達に貸したまんまにしてしまってるんだな・・・と思ってたらあんたの部屋かよ!
多分家に座敷わらしがいる。じゃなきゃ私のビデオが2年も3年も妹の部屋におきっぱなんてありえない!
ま、それはおいおい考えるとして。
超久々に見た。
「BBLワールド」という番組内でのMRO特集だからほんと短い。
Wilcoの映像は1分くらい。
20秒くらいのインタビュー(Q&A1つだけ)と"war on war"を歌う姿が一瞬映るだけ。
この日初めてWilcoを知りあれから4年半経ち今に至る。私の原点。
この時Wilcoを見なかったら今の私はいなかった。心底心底そう思う。
で、今びっくりしてる。
"war on war"の時、5秒くらいだけど笑顔のジェフが映ってる。
私、こんなの見た記憶ない。日本のステージで笑ってたんだ。たとえこの一瞬だったとしても。
これも座敷わらしの仕業。ありがとう。もう絶対行方不明になんてしない。
ちなみにこの時来日メンバーはJeff,John,Kotche,Mikael,Leroy(現・脱退)でした。
[PR]
by ms.paddington | 2007-10-17 03:04 | Wilco

Category

気にはしていたけどついついほったらかしにしてたんですが、
カテゴリーに『Wilco』と『The Ordinary Boys』追加して少しだけ整理してみた。
まだまだ旅記事やフェス日記とか分けたいとは思うが、とりあえずは。
遡ってみたら、最初の1年半くらいはカテゴリー分けすらしていなかった。ダメじゃん。
しかしこの2年半を軽く振り返ってみたら、寒気がするほど熱い日記まで出てきた(恥)。
そしてへこみまくってる時もあったなー。「やめよう」って何度も思ったし、半年も休んだりもしたけど続けてきてよかった。
これもひとえに皆さんのおかげです。遊びにきてくださって本当にありがとうございます。
「こんな時もあった」って思えるってことは今現在が幸せな証拠だ。生きてるってことだ。
なーんて、やっぱアツくなってしまいますが、今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by ms.paddington | 2007-10-15 01:30 | 日記

Big Big Big Big news

d0021094_18504840.jpg


"sky blue sky"リリースと同じくらいビックな今年1番のニュースが!!!!!!!
Wilcoが日本にやってくるかもしんないよーーーーーーーー!!!!
shindouxxxさんの記事で知り、ぶったまげた。(ありがとうございます!)
そしてリンク先の記事を読んで泣いた。
ジェフが「2008年日本(とオーストラリア)でプレイして夏にはまたUSツアーをする方向。」と言ってる。
ジェフが日本に来る意思を口にしたこと。どうにかなりそうなくらい嬉しい。
Wilcoが「日本でプレイしたい」って思うんだったら、どんだけでも待ちます。
そしてそれが現実のものとなるかもしれない。
今年は一体なんなんだ?嘘みたいなことが次から次へと・・・。

でも奇跡なんかじゃない。
"sky blue sky"を買ったみんな、Wilcoを応援してるみんなの力、
Wilcoに関わる全ての方のバックアップ、そしてメンバーの意思で
掴んだんだーーーー!!!!
まだ公式な発表はないけど、首をながーーーーくして待ってます。

WILCO official HP
[PR]
by ms.paddington | 2007-10-13 19:09 | Wilco