<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

I Will Possess Your Heart

d0021094_1402849.jpg


ジョージ・クルーニー辺りのお兄さまのセリフにありそうなこのタイトル。
Death Cab For Cutie、new albumからの先行シングル・タイトル。(歌詞が口説き調子なのかはまだ謎ですが)
これが最高。
オフィはもちろんマイスペでPV視聴できます。(マイスペでは音源のみも)
好きなデスキャブの曲は山のようにありますが、「これ最強最高!!!」と興奮を抑えられない。
ぶわ~~んとした出だしから高音ピアノが入り"crooked teeth"辺りの明るく軽快な曲が始まると思いきや、
ベースがぶぶぶんぶん♪といいだしエフェクトの利いたギターもうねうねと続く。
同じメロディが延々と繰り返されるが、じわじわとかつ確実に盛り上がりを見せてきて自然と体がリズムとってしまい、「どんな展開?!ん??インスト曲なの?!」と期待が最高に膨らんだとこでベンのボーカルキターーーーーーー!!!!!!
ぐわーーーーーーーーーーー悶絶です、デスキャブすげーーーーーーーーー!!!
ベンの透き通ったどこかはかなげな声が曲にどんぴしゃなのは言うに及ばず。
いやデスキャブの音がベンの声にベストマッチなのか?とにかくもう最高にすごい好き。
後半さらに一盛り上がりも二盛り上がりもし、なんちゅーすごい曲なんだ。。。しつこいですが好きすぎる。
演奏もオーディエンスも徐々に熱が高まってきて、うた始まるとこでわーわー大歓声が巻き起こる絵が鮮明に見えるよー。妄想しすぎ?でも許して、目に浮かぶんです。
これちょっと、、、、、今年のMYベスト・ナンバーきたかも。
って思ったらこちらのサイトに新譜収録曲"cath""talking bird"sesson音源がUPされており即聴したら、
これまた最高のデスキャブ節じゃねーかよ(歓喜)!!!!
特に"talking bird"なんて涙ちょちょぎれ曲"passenger seat"にさらに泣かせアレンジ加えたようなビューチフルさだし。しかもここのサイトに名曲達のlive sessonもあるし(涙)。
ああぁ、でもやっぱ"I will possess your heart"が最高すぎる。好きすぎる。
PVもまたまた映画のような胸キュンさ。もち今回も美女出演してます(日本も登場)。
なんか変(態)な文章な気がしますが、とにかくすごくすごくテンションあげまくってくれた、
"I will possess your heart"とデスキャブに感謝♪♪♪

大事なことを!!!!!!
new album"Narrow Stairs"5月13日on saleです!!!!
[PR]
by ms.paddington | 2008-04-30 02:54 | 音楽

♪♪Happy Birthday ♪♪

1日越えてしまってごめんなさいーーーーーー(謝)!!!

HAPPY BIRTHDAY Rちゃん!!emoticon-0166-cake.gif
あなたのお誕生日を今年もお祝いできることを心から嬉しく思います。
今年もたくさんの素晴らしい音楽、大好きな人々と共にステキなこと満載の最高の1年になりますように☆☆☆
いつまでも優しくてまっすぐでかわいいRちゃんでいてね!
おめでとうの乾杯をフジのお山でできること、楽しみにしてます♪

そして、4/27生まれのもひとかた。
ウィリアム、HAPPY BIRTHDAY!!!
emoticon-0166-cake.gif慌ただしいお誕生日をお過ごしかもしれませんが・・・遠い島国でもあなたのお誕生日をお祝いしております。
人生いろいろ、男もいろいろだろうけど、いつだって応援しています。
ギター弾くのに定年も引退もないぜーー♪
幸多き1年になりますように☆☆☆
[PR]
by ms.paddington | 2008-04-28 01:53 | 日記

Again

またまた開店休業状態にしておりました。
なんだかんだといろいろありまして。
とりあえず生きております。元気です。ってどんな報告や。

フジロックやサマソニやロラパルーザにWILCOや白夜(アラスカ)のWILCOや
夏の催し物いっぱい決まって嬉しいことです。
全て特攻するわけにはもちろん行かないし、フジ全日参加かどうかもまだわかんないし、サマソニもビミョーかも。。。
でも年内WILCOは実現すべく、虎視眈々と時期をうかがっております。ほんとは白夜の下でものすっっっご見たいんだけどね・・・遠すぎるぜ、アラスカ(涙)!!

欲しいものをあげるとキリがなくって(強欲すぎなだけか)「なんでこんな風に」と自分を憐れみだしても底無しになって、なんとまぁわがままなことでしょうか。
突拍子もない話の変わりようですが、敬愛するお人、故・淀川長治さんのお言葉で、
『駄作と言われるような作品にも必ずひとつはいいところがある。例えば「あのシーンのあのワンピースがかわいかった」とか「音楽がよかった」とか。』
正確なお言葉は若干違うかもしれないけど、ニュアンスは間違ってないはずだと。
「ほんとーに映画を愛してらっしゃるんだなぁ」と感じてますますリスペクト大になったし私も映画がますます好きになったきっかけでもある我が心の言葉ですが、映画でなくってもなんでも置き換えて考えられる。
「あれがない、これもない。もーだめだ」じゃなく、「たけのこが美味しいなぁ、この入浴剤いい香りだ。」とかどんな状況にいてもふっとなることはある。
よく聞くポジティブ/ネガティブなコップ半分の水の話(まだ半分もある/もう半分しかない)と同じ話か。すみません、しょーもない話を。

フェスに向けてもだしThe Ordinary Boysに関しても大きな出来事があったし、そうでなくってもきちんと更新していかなきゃな。
こうやって自分を発信する場があり、世界と繋がれる環境なこともとっても幸せで恵まれてるってことなんだし。
[PR]
by ms.paddington | 2008-04-22 00:57 | 日記