<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Lollapalooza 2008

ロラパル、WILCO中継キタ―――――――――――!!!!!

WILCOはday2の22:30~から放送予定だそうです!!!
日本人にもありがたい日曜だーーーー♪♪
ただ気になるのは↑に『all time are E.T』って書いてあること。
シカゴはC.Tゾーンなんじゃないのかなぁ。この2つが1時間時差があるからどっちで計算して準備したらいいものか・・・?
(E.Tだったら翌12:30~、C.Tだったら翌13:30~)
って今興奮状態だから、この計算自体間違ってたらすんません!
気付き次第訂正入れます(汗)。

やっぱ間違ってたー。サマータイムだわ(大汗)。
E.Tだったら11:30~C.Tは12:30~
でも多分E.T計算ぽいな。がんばろ。

ライブは20:30~だからUS内時差差し引いても録画ぽいな・・・
ううん!そんな贅沢いいません(感涙)!!
とりあえず、見せてくれるだけで感謝感激っす!!!
しかもday1の現地時間20:15~にはフジの感動もまださめやらぬマルクマスもーーー!!

そしてキッズコーナーにもジェフ父ちゃん登場だそうです!
長男スペンサー君の属するThe Blistersも出演する予定のはずだけど、日時を探せない。。
詳細はここタイムテーブル
ジェフ以外にもGラヴ先生やらジョン・バトラー・トリオ先生にファレル大先生までも!!
すんごいなぁ。

ぐあぐあぐあーーー!!!ウィルコのライブを拝めるなんて(涙涙涙)
こんな時間にテンションだだあがり↑↑↑↑↑
[PR]
by ms.paddington | 2008-07-31 03:12 | Wilco

ASH show and date date

時間が過ぎるのはほんまに早いですね。
先週の今頃は東京だった・・・(鬱)

7/23/08 (wed)

朝予想通り(?)寝坊してご飯も食べずに上京。
夕方愛する友人Iちゃんと恵比寿で待ち合わせて軽く食事。
そこでフジ・タイムテーブルやごはんリストを見ながらきゃっきゃと盛り上がり、
その後恵比寿リキッドルームへ向かう。
この日はASHのライブ。
3月のツアーには残念ながら私は行けなかったのだけど、行ってたIちゃんいわく、
名曲たくさんで"teenage kicks"を弾き語りでカバーしたりとすごくいいライブだったけど、
お客さんの入りがちょっと淋しかった・・・とのことだったから、ちょっとドキドキしながら会場入りした。
だんだん人は増えてきて開演前には下のフロアはほぼ埋まっていたと思う。
ライトが消え、3人登場!
昨年フジでティムが格段に男になっていたこととバンドとしても力強くなってたことに衝撃を受けたけど、おおおーーー!!あの時のティムだー!!
しょっぱなのほうの曲はど忘れしてしまったけど(すみません)、3、4曲目でやった"burn baby burn"「tumbling like the leaves~」を歌わせるのはお約束なのだけど、空耳アワーのいい加減な英語でしか覚えてない自分は大きな声で歌うことをはばかられてしまい、
いっっつもうにゃうにゃうにゃとなる。
そんな私とは違い、この日の会場のみまさんの素晴らしかったことといったら(感涙)!
今まで自分が生でみたASHのライブでダントツ大合唱だった。
この日のライブの最高沸点の瞬間だったんではないか?
自信持って歌えないならしっかり予習してこいよーー>自分!って申し訳なく思ったほど。
このときティムを見てたけど、おお!って顔してすっごい満足げな、そして気合い入れ直したような顔をしていたように見え、ティムはもちろん二人もここで確実にテンションあがったと思う。
だってこっからとばすとばす。
ティムはメタルっぽいポーズ(親指人差し指小指を立てるやつ)キメまくるわ、リックも何度も手をあげて煽るし、マークはカモーーーン!ってめちゃ控えめにだけど煽ってた。
メンバーほんっと楽しそうにノリノリでファンもモッシュ起こってたし手をあげるとこはみんな手を挙げ一緒に歌い、本当にすごい盛り上がりだった。

曲順はほぼ覚えていないし抜けてる曲も多いかと思うけど(役立たずレポですいません)
昨年出したキラーチューン"you can't have it all""palaris"、
定番の"kung fu""orpheus""girl from mars""sometimes"などなど他にもたくさん、
これでもか!ってほど名曲連発で、イントロだけでみんな大歓声だった。もちろん私も。
「1stシングルの曲を」と"Jack names the planets"!!!!もーーーめっちゃアガりました(涙)
終盤、男性ファンの熱いリクエストに応えた曲があって、それがなんだったのかちゃんとわからなかった。かなり初期の曲だと思うんだけど。。。
あと、来年(?)発表すると言ってたように聞こえた(間違ってたらすみません)新曲もやっていた。すんげー曖昧な記憶で申し訳ないですがキャッチーな曲だったように・・。
とにかく楽しみです♪(強引なまとめ方で失礼)

今回の来日はアジカン主催のイベントに出演するためだったので、
「呼んでくれたアジカン(もちろんティムは略してませんが)に感謝します。」とかいろいろ話してた。
あとは「日本に来るのは久しぶりー。4か月ぶりだしw」と冗談交えたり、「今日は来てくれてありがとう」って何度も行ってたように覚えてる。
来てくれてありがとうはこっちのセリフだよー。
あといっぱいティムはしゃべっていたけど(ドラムのリックがパパになったとか?私の聞き間違いでなければおめでとー)、ちゃんと理解できなかったのと忘れちゃったのと・・・すんません。

ティムはくらくらするほどすっかり大人の男になっていて、リックはパパになり、マークはまたデカくなった気がするし、そりゃ自分も年取るわって話なんだけど、
それでもやっぱり"walking barefoot""shining light"は変わらない甘酸っぱさで
いくつになっても永遠のティーンエイジャーです、彼らは。
昨年フジでのティムのあの色気というかしっとりとした歌い方にKOされた"oh yeah"でしたが、今回はさくっと終わりちょっとだけ残念でした。。。

でも本編ラストは"twilight of the innocents"で、今のASHを十二分に聴かせてくれた。
ライブの中でまさに少年から大人へと成長する過程=ASHの成長、歴史そのものを
見せてくれた気がした。
毎日女の子のことで頭がいっぱいだった少年が、自我に目覚めて壁にブチ当り苛立ち、センチメンタルな感情だけでは厳しい荒波を乗り越えられない。
でもそれでも僕らは未来を音楽を信じて歌い続けるんだ。ってそんな流れが見えたようなライブだった。
それはセットリストの曲順がそう感じさせたのか、彼らの意図なのか、はわかんないけど。
でもそう感じたのはきっと自分も彼らと同年代で、抱えた問題の大きさはケタ違いだとしても
いろんな経験をして乗り越えて今生きてる、という風に自分と重ねて見てしまうとこがあったからではないだろうか?
もちろん、ストレスやプレッシャーの大きさは全然違うけど。

と、ちょっとおセンチになってしまいましたが、アンコールのラストは私がASHの中で1番好きな曲、
"a lifeless ordinary"!!!!!!!!!!!
イントロからサビ、そして終盤の盛り上がり、今はいないけどシャーロットのコーラス、
そして美しくてロマンティックな歌詞。
もうすべてが完璧に大好きな曲だし、この曲こそ遥か昔のまだ純粋で恋に夢中になってた自分がいたことを思いださせてくれるのです。

とにかく大盛況のうちにライブは終了。
終わってみたら9時前!なんと2時間も!!!こりゃすごくなかったわけないです。
今回は"teenage kicks"聴けなかったのはちょっと残念だけど、
でもきっと今度会えた時に聴かせてくれるはず!
今度はツアーもちゃんと見に行くから、素敵で最高の音楽ひっさげてまた来てね!
素晴らしいライブと時間を本当にありがとう!!!
最後に、、、ラァーービューーー!ティムーーーーemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif


大興奮のライブのあと、Iちゃんとしばしのお別れをして新宿へと。
そこで血のつながらない双子の妹、最愛のRちゃんと再会(涙)!
おいしいご飯と梅酒をいただきながら、会えなかった間の話をもりもり話す。
そしてこの日は彼女が外泊OKだったので私のホテルへと連れ込んで、さらにトークトークトーク。
離れていてもいっつもそばにいるつもりだし、メールや電話だってあるけれど、
やっぱり顔を見て話せるのはすごくすごく大事だ。
東京に引っ越そうかなぁw(どこを切っても田舎っぺだから無茶かなぁ)
途中から私の変態トーク、人に聞かせられない妄想に朝まで付き合わせてしまいごめんよ(謝)
楽しい時間はあっという間に過ぎて、翌日夕方に涙のお別れ・・・。
ほんとはもっともっと話したいしどれくらい一緒にいても話足りないのはわかってるけど、
それでも次会える時が恋しいよ。。。
誰がどんなことを言っても、あなたの音楽への愛は間違ってなんかないよ。
そもそも誰かに間違ってるなんて言われる筋合いも言うことでもないもの。
みんないるから自分を見失わないでね!
次はWILCOに会いに行く前に会えたら!!!
ってWILCO次のツアー今年はないのかよーーーー!!!
日本はもういつでもいいからせめて昨年キャンセルしたUK振替よろしくですーーーー(願)
[PR]
by ms.paddington | 2008-07-31 01:10 | 音楽

ただいま。

ただいまですー。
無事に苗場より戻りました。
細かいレポはちょっとずつ頑張ります。

今年は国宝級のお天気姐さんと一緒!
だったので雨の心配あまりしてなかったけど、最終日どかんとやられました。
マルクマスは大雨降ってるの忘れるほどに心地よかったローでファイなライブでしたが、
終わるとさすがに寒さこらえるの限界になり、ブリーダーズは諦めました。
んでも、観たライブライブぜんっっぶアメージングで今年もやっぱり最高のフジロックになりました。
先に宣言しておきますが、今年ベスト・アクトは1つには選べないと思います。
別次元のぶっとんだ人達やら思い入れありまくりな人、成長ぶりにぐっときた人達。
観たアーティストみんなほんと素晴らしかった。
しかもあの人に遭遇してしまったり、まさかまさかのあのバンドのあの曲が聞けてしまったり(←これ見れただけで今年フジ来てよかったーーーーーってマジ思いました/感涙))
とわたし的大事件頻発でしたが、そんなテンパり話はまた後日。
ケヴィンにジェイコブ、マルクマス、バーリー・・・そしてジェイソン。
毎度ギター弾きに恋しますが、今年のギターメン最高。
ベンやロジャーのピアノマンも素敵すぎた!!

まぁとにかく、楽しみまくりました。
でも歳には勝てまへん。疲れてます。
がくっとこないよう、アフターケアしないと。
フジ参加されたみなさま、お疲れさまでした。
そして今年涙をのんだみなさま、来年はフジのお山で遊びましょーねーーー♪
[PR]
by ms.paddington | 2008-07-28 23:12 | 音楽

HAIL HAIL ROCK & ROLL!!


d0021094_21554675.jpgPrimal Scream "Live in Japan"

今日のうちはライブ盤の日でした。(ASH&Ben Folds&Jellyfish"bellybutton"収録ライブ曲)
今はプライマル@Zepp Tokyo。
やっぱ2日共プライマル見たい。
いやたぶん見る(かも?)。
だってやっぱかっこいいんだものおーーーーーー。
2日でどう変えてくるのかな・・・ってセットリスト変えてくるのか?
苗場のお天気とボビーのご機嫌が麗しくありますように!!!

では、行ってきますー。(歩いていくのか?!てほど早い出発ですけど)
[PR]
by ms.paddington | 2008-07-22 22:06 | 音楽

My timetable -Fuji Rock 2008

Fuji Rock '08 official HP

25日(金)

出発時間はまだ未定ですが、間に合えば今年のフジ1発目はThe Presidents Of The United States Of Americaと一緒に「びでお きるど れぃでぃお すたぁ♪」を歌い→ライブ見たことないけどすごい期待しているSpoon→今年のお目当ての一人大大好きな癒し系魔法使いJason Falkner→今年こそは苗場に来いよ!The Vines→元気だったら踊りに行きたいGalactic
ライブは初のFeeder→そしてドキドキするMy Bloody Valentine

26日(土)

いつも2日目はなかなか腰が重いのですが、間に合えばHard-Fi観てみたい→まさかの元ジェリーフィッシュ& TV EYESのメンバーW参加でいろんな部分に期待膨らむRoger Joseph Manning Jr.→友達がライブ大絶賛のThe ZutonsPrimal Scream観るかMark Stewert?それともGogol Bordelloか現地にて決める。→夜の部Princess Superstarもテラ楽しみです。
この日はThe Cribsを泣く泣く諦めます。

27日(日)

わたし的に日曜のラインナップ最強。
朝頑張れたら(とりあえず毎年昼前は動けない)Jason Mraz→ソロ聴いてませんがThe Wallflowersずっと好きなので嬉しすぎる(+今年のmyイケメン枠)Jakob Dyran of The Wallflowers→こないだ一足先に書いたBen Folds→脱力系魔法使いStephen Malkmus & The Jicks→ゴッド姐ちゃんズThe Breeders→体力あったらCSS→サマソニではグリフに会えないからその分も楽しみたいしSFAとは別でも間違いなく素敵なNeon Neonにてシメ予定。
The Futureheadsも発表時アガったバンドでしたが、、、ベンベンを観ます(涙)。
あとやっぱりプライマルも観たいしなぁ。

全然新譜聞けてないダメっぷりですし、体力ほんまナッシングなのでどこまで動けるかわかりませんが(高確率で昼寝に戻るかと)楽しんできまーす。
そしてフジとは無関係ですが、23日のASH単独公演も♪♪♪
[PR]
by ms.paddington | 2008-07-19 22:45 | 音楽

Ben Folds

今日も一日疲れたーーーー。
いきなり愚痴ですみません。
でも来週は今年唯一の祭り(サマソニは多分留守番組/泣)フジロックがあるから、
あともう一息頑張る。
ほんとは今日こそはフジのmyタイムテーブル書こうと思ってたけど、ちょっと無理。

今年は、いや今年もかなーーーーーーり楽しみなアーティストがもりだくさんで、
興奮を抑えるのが大変です。
が、しかしさっきオフィシャルの更新みたら、、、えええええ??!!
日曜グリーンの大トリ前と土曜ホワイトの大トリ前が同じアーティストって??
4年前のベルセバの2日連チャン(ヘブン&ホワイト)もあったし、
「そういうこともあるのかもなぁ」とも思うけど、前に読んだ日高さんのインタビューで
「日曜は大人は早く帰っちゃうから、メインステージ大トリ前が大トリみたいなポジションだと考えてるんだよね(コステロが大トリ前やった時やったかと記憶)」

**訂正---書いたあとで思い出してきたら、この年の最終日を"大人の日"にしたいという意図での発言だったことだったように気付きました。
曖昧な記憶で書いてしまい大変失礼な発言をしたことをお詫びします。
なので、私が「っつってたからそんな大事なポジションのアーティストが前日にひき続き・・・・と思うとなんかしっくりこない。」と感じたのは、筋違いでした。
しかしながらこのタイミングで発表された枠が、しかもメインステージ大トリ前が前日にひき続いて登場のアーティスト。
極端な例えですが、もし仮に同じパターンでWilcoが土日連チャンフジで観れると想像してみたら、
きっと私は「今世紀最高の奇跡キターーーーーーーーーーー」と発狂するほど喜ぶでしょう。
でもキャンセルでもないのに(オフィシャルHPではTBC表記しかされてなかった)、説明もなくそれはアリなのか?フェスとしてどうなんだろう?
キヨシローさんのキャンセル(とても残念でショックですがしっかり療養して元気なキヨシローさんで苗場に帰ってきてください!)に伴うプライマルやクロージング・バンドにADF再登場は「そうなんだ」って思えるんだけど。。。
事情もいろいろあってのことなのかもしれませんが、知るよしもない者にとってはいささか腑に落ちません。


話は変わり、Ben Foldsは絶対観る!と決めてるアーティストの一人です。
もうほんとにほんとにほんとーーーーーーーーに楽しみで仕方ありません。
デビュー作に衝撃を受けてからずーーーっと大好きなアーティストです。
ベンが鍵盤に触れると魔法がかかるんやと思う。


先月行われたbonnarooでの"annie waits"映像


ふぅーーー。癒されます。
FIVE時代の曲も大好きな曲ありすぎだし、ソロも"zak and sara"とか"not the same"とか
"in between days"(The Cureのカバーですが素晴らしいんです)とかとか、
もーどれも好きだけど、"annie waits"はできれば聴きたいなー♪
解散がすごくショックで、待ち兼ねて聴いたソロ作1曲目。
イントロ聞いた瞬間「ああ、やっぱBen Foldsは最高に好きやわ」って確信した曲。
あーでもFIVEの曲も絶対聴きたいし、、、なんでも最高やわ、きっと。
[PR]
by ms.paddington | 2008-07-18 04:16 | 音楽

Glad it's over

2か月ぶりの更新。
「生きてる?」とご心配してくださった方、ごめんなさい。
こんな無精者のブログに足を運んでくださった方々、何の更新もせずほんとにごめんなさい。
パソコンを立ち上げることもできないほど恋に溺れていたりとか、
どっか遠い国に逃亡でもしていたのならカッコもつくんですが、
あいにくバリバリ働いて働いて働く女してました。
キーボード打つにもバックスペースのやり方すら忘れたのか間違いまくりでイライラ。
ですが、フジロックも差し迫ってきて、少しずつ祭りテンションもアガってきました。
そのへんも書きたいのでさくさくと日記更新がんばろ。

ここ2か月で買ったCDもデスキャブ新譜(これ最高すぎです)ともう1枚のみ。
それがこちら。
d0021094_329997.jpg "HEROES"-soundtrack
↑軽く試聴可能です。
話題の海外ドラマ"HEROES"のサウンドトラック。私が購入したのはUS盤ですが日本盤やっすーー。
ドラマのストーリーもろくすっぽ知らないんですが、
んなぁんとWILCOが新曲を提供しているのですよ!!そのタイトルが"glad it's over"
「今頃何言ってんの?遅いって!」とのツッコミはお許しを・・・。
2か月前にcite姉さまより情報をいただき(いつもありがとうございます!)、そっこー右クリック♪

最初聴いた印象は「???!!」だった。
WILCOらしからぬ、というかノイズや歪んだギターは皆無だし、ダイナミックな展開やアコギでじゃかじゃかorしっとりも、ぐいぐいひっぱっていくリズムも見当たらない。
ごろっとトーンが変わるWILCOマジックには身悶えしたけど。
歌詞はどーやらLOVELOVE全開ソングっぽい?
時折(サビやラストとか)サーフ・ロックなアレンジもあったり爽やかさ満点。メロディの素晴らしさ&好きさは文句のつけようがないってくらいやっぱいい曲書きます(泣)。
今の季節、オープンカーで流しながら海岸沿いを走ったら気持ちよさそう♪(いつのトレンディドラマやねん)
ドラマ用に書き下ろしたんかな?とも思ったほどサントラっぽい曲。
でもそこは(私の)WILCO。聞けば聞くほどどっぷり好きになってきた。
耳心地がよくて万人受けするような曲だけど、アレンジやテンポに緩急つけててちゃんとWILCO流なんだもんなぁ。って全然サントラ意識してつくった訳じゃなかったらどうしよう。
つーーか、ジェフ歌ウマなってない??ベタな言い方やけど表現力っちゅーかジェフのボーカルがめっちゃ活きてる曲のような気がしてきました。
もうもうジェフの歌声は、それだけで私を幸せにしてくれるんだぜよーーーー(惚)
地球にうまれてよかったーーーー(幸)
↑の試聴ではジェフにトロケるまでには至らないかもしれないので、こちらのmp3はいかがでしょうか?
※クリックしたらすぐダウンロード開始ぽいのと、DLに際する事故その他は責任負いかねます事、ご了承ください。


*******
Glad it's over"英歌詞リンク先付け足し。
むむむーーーーん><(悶)
大雑把&適当な自己翻訳ですが、やっぱジェフの書く歌詞には胸打ち抜かれます。
特にラスト、

Don’t feel sad
We all have to be lonely
Just be glad it’s over
I'm just glad it's over

のくだりなんて、、、、、心見透かされてるかと思うくらい(ないないw)。
ジェフがうた書いて歌ってくれていたら、それで私は救われるってジェフのおっきなパワーに心底感謝です。

********


WILCO以外にもエコバニも新曲提供してるし、ナダ・サーフの新曲(新譜も相変わらず爽やかでよかったし♪)やデスキャブなんかも参加してる超強力なサントラです。
お手頃価格ですし、夏のお供にいかがすかー。
[PR]
by ms.paddington | 2008-07-15 04:26 | Wilco