<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Spanish fan site

スペインの熱いファンが運営しているファン・サイト『wilco club』が大リニューアルされています!
図々しくもフォーラムと一緒にリンク貼らせていただきました。
以前から情報や動画など細かく更新なさっていてありがたくお邪魔させていただいておりました。
前はパッと見、どちらかと言うとシンプルなサイトのようにお見受けしてましたが、
この度とってもかわいく変身しています。そう見えるのはかわいすぎるフィギアのせいでしょうけども。
お写真やmp3音源、Wilcoはもちろんジェフ・ソロのスペイン公演動画そしてスペイン雑誌の掲載記事などレアな情報まで!
ちなみに私のお気に入りは、

"kingpin" from NYC 8/13/08です。
音も画像もよくはないです。
しかしこの曲がだーーーい好きなのとジェフの「how can I!」が最強にかわいすぎるのです。
このジェフだけで今後数年シングル・クリスマスでも平気なほど大のお気に入り。
グッジョーブーー!グラシアーースーーー!マスター!!
あとNelsとの背中と背中~♪も微笑ましいです。
↑の動画はほんの一部です。
Wilcoへの愛情いっぱいてんこもりの素晴らしーーーーいファンサイトなので、今すぐチェキを!!
[PR]
by ms.paddington | 2008-10-06 21:14 | Wilco

CARDINOLOGY

d0021094_16545061.jpg

Ryan Adams & The Cardinals 『CARDINOLOGY』
10/28 on sale
オフィシャルHP& myspace

まずはごめんなさい。先日「現在はライアンの名ははずして活動してるはずです」
なんて書きましたが、しっかりと記載されてますね(恥)。ごめんなさい。
でも『easy tiger』を最後に今後はカーディナルズだけの名前で・・・って言ってたはずなんだけど。ま、アダムス君のことだからいっか。
先行シングル"fix it"はデジタル・リリースという形で先月発売されてるそうです。
聴きたいけど、、、アルバムで聴けるので私は購入していません。ダメなファンです。
しかしベックとライアンの二人の天才は、近いようで遠く感じる。
ブルースやカントリーなどのルーツはとても近くてチャレンジしてることもニアミスしてる感じがよくあるんだけど、似てるようで全然違う。
アプローチの手法(なのかその辺の具体的なことはさっぱり…なので以下略します)によって、こうも違うものかー。
音楽ってすごいな、て単純に感動する。当たり前っちゃ当たり前のことかもですね。
なんかうまく活字にできないけど、改めて二人の才能と音楽のすごさに感動してしまい。
グダグダすんません。
ライアンの新譜もベックに負けず劣らず「最高傑作!」となってるといいな。期待してます。
んで自伝『Infinity Blues』のほうの発売詳細も決まってきてるようです。来春予定だそう。
おそらく、というか確実に訳がないと読み切れないけど、欲しいよなー。
来春、といえば愛しのWILCOの新譜も出るかも?!かもかも??!!
うっかりチェック漏れがちですが気が抜けません!
[PR]
by ms.paddington | 2008-10-06 17:31 | 音楽

BECK coming!!!!!

d0021094_16232764.jpg


最高傑作『Modern Guilt』を携えてBECKがやって来る!!!!!!
来日情報ページ

今回の日程だと桜咲いてるかびみょーな時期だ。でも東京は意外と早いんだっけ?
それにしても来日嬉しいし『Modern Guilt』最高だし、言うことなしです!BECK万歳!!
んでんで『ODELAY!』のデラックス・エディションなんてのが4/9に発売されるとは(驚)!!!
詳細全く知りませんが、今『ODELAY!』のスペシャル仕様出すってことはなんらかの仕掛けがあるってことだよね?BECKのことだし必ずやニヤっとなるひねりがあることでしょう。
[PR]
by ms.paddington | 2008-10-06 16:42 | 音楽

HAPPY BIRTHDAY!

dear aちゃんーーーーーーemoticon-0166-cake.gif

今年もこの日をお祝いさせてもらえることをとても嬉しく感じてます。
なかなか会えなくなって早、3年。
寂しい時も多々あるけど、毎週のように会ってた時と全く変わらずaちゃんのことが大好きで、
あなたが幸せであること&辛いことが起らないことをいつも祈っています。
出会ったときから今まで、私は迷惑かけっぱなしで甘えっぱなしです。
もっとしっかりしなくちゃ!と思いながらも、あなたの優しさと寛大さに寄りかかってしまいます。
ごめんよ。。。
でも今年こそは「まきちゃん、大人になったね」と感心してもらえるよう大人になります!
って、お祝いというより告白やん・・・(焦)。
でもいいの。彼女は今頻繁にネット接続できる環境でないので、今日くらいは想いのたけをemoticon-0152-heart.gifなんちって、半分冗談です。半分本気です(おいーw)。
東京砂漠は今年も手ごわいかもしれないけど、持前の明るさとユーモアとひろーーい心でやっつけて、いつだってaちゃんらしく前を見て楽しく生きてください。
素敵なお友達と音楽に囲まれて最高の時間がたくさん訪れますように。
嫌なことやブルーな時間はできるだけ少なくありますように。
白馬に乗った王子ならぬ楽器抱えた王子、いやマイク手にしてるかも??
とにかくあなたをハッピーしてくれるダーリンが現れますように。(でも若干ヤキモチ焼くかもね)

生まれてきてくれてほんとにありがとう。
あなたは私の憧れで理想の女性です。あなたと出会えたことが私の誇りです。
きっとずっと変わらないよ!ますます輝いてね!!
おめでとうemoticon-0166-cake.gifemoticon-0166-cake.gifemoticon-0166-cake.gif
[PR]
by ms.paddington | 2008-10-05 15:06 | 日記

Wonderwall



なぜ、今宵"wonderwall" played Ryan Adams @Atlantaなのかというと、

1つ・親友、maybesomedayちゃんのブログ『this is my trush,tell me yours』でoasisの新譜に関する最速レポ&日記を読んでいたく感動したため。
2つ・現在oasisのUSツアーを共に廻っているのはThe Cardinals(言わずとしれてるRyan Adamsがフロントマン。現在ライアンの名ははずして活動してるはずです)ということ。
ライアンによると、両バンドの関係はとても良好のようでなによりです。
3つ・なによりも本家oasisのもビューティフルなのは言うに及ばないのですが、Ryanのカバーもすんごいすんごいすんごぉぉい美しいのです。

白状すると私はoasisの曲をたくさん知ってるわけでなく、うちにあるのは1st&2ndだけです。
ですが、そんな私でも彼らの作品、特にノエルの書く曲はふっと心を奪われるような美しいメロディの曲がたくさんあることは知ってる。
中でも『Morning Glory』が歴史に名を残す名盤だということは十分に理解しています。
以前よく「oasisは英国歌謡」とよくない含みを持たせた言い方を目にしましたが、
それがどうした?英国歌謡だとしたら何が悪いの?(oasisがそうかそうでないかは別として)
どういう形であれ、音楽(英国歌謡というジャンル?)を見下したような言い方をずっと不快に感じてます。
が、でもあれってほんとは誉め言葉が含まれてたのでしょうか・・・・?と今少し焦ってます。


って話が逸れたし私がどう思ってるかとかはどうでもいいのです。
ライアン・バージョンの"wonderwall"もすごく素敵なので。
そしてこういう日記を書こうとしたら、案の定『Love is Hell』が聴きたくなり聞いています。
こんな時間にこんな心境で聴くにはいささかダメなチョイスだったかも。
内省的で陰鬱で、かと思えば「愛は地獄さ」と開き直り?諦め?こんな暗い歌詞を気持ちよさそーに歌いあげる自虐さがあったり。
曲もカントリーもあればThe Smithsよろしく、な曲もあり。
まさに英国風であり米国的である素晴しすぎる作品。ほんとに大好き。
かなり女々しくダークな歌詞オンパレードですが(だから陰に引きずられそうなんだけどでもだからこそ好き。という私もかなりの自己陶酔型Mですね)、
ライアンの言葉選びのセンス、物書きとしての才能に惚れぼれします。
そしてノエルの力強さに救われます。

『Because maybe
You're gonna be the one that saves me?
and after all
You're my wonderwall』 -By Noel Gallagher

[PR]
by ms.paddington | 2008-10-04 04:14 | 音楽

LIVEラッシュ

今月25&26日カリフォルニアで行われるベネフィット・イベント『The 22nd Annual Bridge School Benefit Concert』にWILCOは二日とも出演だそうです!!!
わたし的にはもちろんWILCOが&羨ましすぎ&悔しすぎるイベントですが、
他の出演者もすごいんですけど!

Neil Young
Wilco
Jack Johnson
Death Cab for Cutie
Norah Jones
Cat Power
Sarah McLachlan (Saturday only)
ZZ Top (Saturday only)
Josh Groban (Sunday only)
Smashing Pumpkins (Sunday only)


Neil師匠は観れる(予定)ですが、DCFCとCat姐さんもノラちゃんもめっちゃめっちゃめっっっさ観たいーーーーーーー><
いいなぁ。
詳しくはこちら

んで、来日情報もぞくぞくと決まっていてびっくり!
まずまずまーーーーずーーーーーーー(嬉)!!!
DEERHOOF、来年一月決定♪
しかし、、、MOGWAIとビミョーにずれてるんだよねぇ。地方人には1番痛いパターン。
でも間違いなく楽しいもん、観たいなぁー。
そんでその前12月には新譜も評判がよいらしいTahiti 80が!
「wallpaper for the soul」は私のリラックスタイム・アルバム認定してて時々無性に聞きたくなり、
聞いてるとほっと心休まる作品なんですが、新譜はまた違うタヒチ・サウンドなのでしょうか?
チェックしなくちゃ(焦)!で、タヒチの来日はうまく行けば観れるかもー♪♪
そして!今頃すんごい遅日記ですけど、タヒチのちょい前にThe Vines来ますね!!!
クレイグーーー(涙)!!!
このニュースをVinesファンのiちゃんから聞いた時、、、ぐっときました。
フジでのあの最高のライブ、時間を超えるものをぜひ見せて欲しいものです。
今の彼らならきっとできると期待しています。そしてこちらもまたまたうまいこと観れるかもよー。てか観ますよ!iちゃん待っててねーーーー♪♪♪
[PR]
by ms.paddington | 2008-10-02 14:24 | 音楽