<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

WILCO LIVE:ASHES OF AMERICAN FLAGS

d0021094_14422552.jpg


Wilco Live DVD "Ashes of American Flags"
4/18 Release!!!!


NEWSはこちら

今の今まで一体私は何をどこを見ていたのでしょう!
キーボード打つ指が震えるくらいのこんな大事件をたった今知ったなんて!ばかばかばか---

・・・・・一服して10分経過。
このfilmはまずは、
2/20 "Big Sky Documentary Film Festival"で初お披露目され、
2/25 "Noise Pop Festival"、続いて3/9お膝元シカゴで"Chicago International Movies &Music Festival" とプレミア上映され、そして、4/18についにDVDとしてリリース(涙涙涙涙涙)。

もう今大の大興奮と何がなんやらわからん状態なので、ご報告までに。
[PR]
by ms.paddington | 2009-02-20 14:51 | Wilco

No Better Place

d0021094_20232557.jpg


fountains of wayne "No Better Place:Live in Chicago"

fountains of wayne official site
3/3、ようやく・・・ついに、、、fowがライブDVDをリリースします(涙)!!今頃おせーよ!なはしゃぎっぷりかも(恥)。
しかもin Chicagoなのも個人的に嬉しい。("Windy City"というのが会場名か地名かはわかりませんが)

収録曲は(オフィHP掲載より)、

TRACK LIST:
I'VE GOT FLAIR
MEXICAN WINE
JANICE'S PARTY
NO BETTER PLACE
DENISE
HACKENSACK
HEY JULIE
VALLEY WINTER SONG
SICK DAY
RED DRAGON TATTOO
STACY'S MOM
BRIGHT FUTURE IN SALES
MAUREEN
RADIATION VIBE
SURVIVAL CAR
SINK TO THE BOTTOM


EXTRAS:
ALL NEW NEVER-BEFORE SEEN ACOUSTIC SET PERFORMED LIVE IN THE STUDIO!


もーーーーこの曲名だけでうるうるしてしまいます。
それにそれに"MAUREEN"がライブで聴けるなんて(感涙)。
フジでやってない、よね?私の記憶が抜けてフジでも聴いてたらお恥ずかしい勘違い。
今日だけは神のお導きに感謝します。
しかも!!ボーナス映像に、本邦初公開(?で合ってるかな)、アコースティック・バージョンfrom Studioなんて!!しかも円安効果?!こんだけ豪華でお値段たったの1,886円ときた!
これ買わなきゃ何を買う?!>私

でも、、、こいつもまたリージョン1なんだよね。日本盤は遅れてでも出るのかなぁ。。。。
ま、でもライブDVDだし、うちのリージョンフリー対応のおりこうちゃんが見せてくれるから問題なし。

テンションバカ上がりで最近こまめに更新もできてますが、また突然いつ2,3ヵ月放置しちゃうかわからない不安定さなので、コメント&TBは不可にさせていただいており、一方的な公開ですみません。って許可にしても全然変わんないかもしんないのに、この自意識過剰&厚かましさww
[PR]
by ms.paddington | 2009-02-17 20:42 | 音楽

I do love Jeff Tweedy and "Jejus,etc."



Jeff Tweedy "Jejus,etc."

Don't cry.
You can rely on me honey.
You can come by any time you want.
I'll be around.
You were right about the stars each one is a setting sun.
-Jeff Tweedy "Jejus,etc."


感情ぶちまけのみっともない日記になることと思います。
不快に思われる方、申し訳ありません。
だけどみっともなくてもこれが今の私。

もうこの曲を聴くとどうしたって、どうしたってジェフの元へ飛んで行きたくなる。
愛してやまないWilco&Jeffの音楽とライブに対していっぱいいっぱいいろんな想いがあるけど、
簡単に言うと「ステージで歌う人」「フロアで聴く人」という距離感でいた。
でも今は、歌詞の「泣かないで」が私には「泣いていいんだよ」としか聞こえなくなった。
「いつでも訪ねておいで」って言ったよね?だったら1度だけでいいから「大丈夫。」って抱きしめてほしくてたまらなくなる。本気でシカゴへ人探ししに行く準備しかけたこともあった。
だけど、その想いがはちきれそうになり動きそうになったら必死に必死でジョン・レノンの『イマジン』の1シーン、ヨーコの言葉を思い出してジェフのことを考えなくする。
熱狂的も行き過ぎて家にまで会いにきたファンが「あなたは私のことをわかってくれる」と言うと、
ジョンは「僕は君のこと全然知らないしあの曲は別に君に歌ったわけじゃない。歌詞だって言葉遊びのひとつなんだよ。僕はただの男だよ。」と冷静に諭す。
で、ただの男というとおり、来客者を家に招きいれ、朝食をともにする。それがジョンのすごいとこだとも思うけど。
そのようなファンに対してヨーコが「彼はそういった行き過ぎたファンを生み出したことにとても責任を感じていた。」とコメントしていた、この言葉を何度も何度も頭の中で心の中で言葉にして繰り返し、「そうなっちゃいけない。この曲は[9.11]へのレクイエムなんだ。ジェフは私を知らない。」同じだけ繰り返してWilcoとジェフと少し距離を置かなきゃ(図々しい言い方だけど)と、まだあまり聞かないしきけない。
だってジェフ、奥様へのラブソングや息子、Tweedy家への歌多いんだもの・・・。
さっき、久しぶりにyoutubeで、「Jeff Tweedy Jejus,etc」で検索したら、
つい先日のソロの映像があり、もう涙がとまんなくなって1回目なんてまともに見れなかった。
けど、もう大丈夫。「一度だけでいいから抱きしめてください」なんて犯罪行為しないから。
こんなにも優しく歌うジェフ。遠く遠くこの小さな画面からでも十分に私はあなたに優しさをいただいています。
心からありがとう。
[PR]
by ms.paddington | 2009-02-16 15:34 | Wilco

wig in a box

d0021094_20293077.jpg

Various Artists "wig in a box"



"Follow My Voice:with the music of Hedwig"予告編ロングバージョン

日本版映画『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』公式サイト

映画に興味を持たれ「レンタルしとみようかな・・」と思ったあなたにはこちら

昨年一時期、まったく音楽を聴かない時期があった。
なにもかもが耳も目も心も素通りしていて、今まで私を支えてきてくれた音楽さえも何も感じなかったらどうしよう・・・・と怖かった。
そして一か月半くらいすぎて、ようやく聴いたのが意外にもWilcoではなく"wig in a box"だったのです。
ヘタレな私はWilcoを聴く勇気がまだなかった。今でも特定の曲しか聴けないダメファンです。

この作品は映画のほうをメインに前に書きましたが、今日はCDのほうを。
ショーン・ペン主演の『Milk』も話題だしね。(詳しくはのちほど)
なんて言っても、、、、、うまくレコメンドなんてできないんだけど。。。
ただ、本当にすごくすごく魂のこもった素晴らしいレコードです。
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のトリビュート・アルバムであり、
NYCにあるThe Hetrick-Martin Instituteの活動の一環、The Harvey Milk Schoolを支援すべく収益の全てを寄付しているベネフィット・アルバムでもあります。
で、ここに名前が出てくる実在の人物、Harvey Milkを追った映画が『Milk』というわけで。
ルーファス・ウェインライトの"the origin of love"から始まり、ジョナサン・リッチマン版"the origin of love"で終わるという粋な構成も見事だし、同じ曲なのに全く違う曲みたい、でも熱いハートがどっちにも共通して感じられる。
ずっと大絶賛してたくせに白状すると、The Bensの"wivked little town"とシンディ・ローパー&マイナス5の"midnight radio"だけは映画のあの後半のシーンが好き過ぎて&トミー・ノーシスとヘドウィグの歌声と映像やら表情やらなにもかもマッチしすぎてて、今回のカバーもすんごいすんごい素晴らしくて大好きだけど、映画とは別モノ、って感じだった。
だけど、ここ3ヶ月くらいほとんど毎日のように聴いてたらベン・クウェラーにはトミーの、シンディにはヘドウィグの魂がこもっていて3人での1曲(正確には作者のスティーブン・トラスクを含めた4人)、だと感じるようになった。
それって、ものすごいことなんじゃないかと思う。
ただ単に「好きなこの曲をカバーします」という場合とは異なる曲。
もうこんだけ聴いてりゃ全曲レコメンできてもおかしくないのに、、、説明下手でごめんなさい。
大大大好きなブリーダーズの"the wicked little town/Hedwig ver."とかポリフォの”wig in a box"とかジョン・キャメロン・ミッチェル&スティーブン・トラスクの"Midford lake"とかとかとか!もーーーーーとにかくメンツも超豪華すぎだし音楽も素晴らしすぎだし、
一人でも多くの方にこのアルバムを聴いていただきたい!って、私なんかがおこがましいにもほどがある(怒)!というご意見はごもっともです。だけどそんくらい大好きを超えてる作品。
ちなみに、久しぶりに聴いた最初の出だしのギターから胸がぎゅーーーーーーーーー(激)と
掴まれるような痛くて悲しくて熱くなった。あの感覚は当分忘れないと思う。

オリジナルと劇中では歌詞が異なる部分もいくつかあり(歌詞カードはオリジナルと同じ)、どっちの訳が好きかは単に好みかと。
改めて聴いて好きになったのは、The Bensの"wicled little town"のトミーバーション。

But maybe there's nothing up in the sky but air.

And there's no mystical design,
no cosmic lover preassigned.
There's noting you can find that cannot be found.
-Stephen Trask "wicked little town Tommy ver.)


出だし思いっきり途中からですが、劇中では「きっと天空には空気しかないのさ」が、今作では「でも空の上にだって空気しかないのさ。」とされています。
そう。空の上にあの世とか神様や天使がいるなんて誰が証明できる?空の上には空気しかない。
まさに私への言葉だと感じた。
そして「神秘の構造など存在しない。運命で定められた宇宙の恋人もいない。
見つけられないものを探し当てるこうともできない。
(劇中訳より)
この言葉がオリジナルより今作のほうがいまの私にはすごく心の底から共感できる。
当のトミーの心境や言いたいこととは違うかもしれないけど、なんとなく救われる気持ちになります。

最後になりましたが、この企画をもんのすごいガッツとすさまじい行動力でやり遂げたプロデューサー、クリス・スルサレンコはのちに涙の解散を遂げたGuided by Voicesに最後のベースとして招かれた、までは映画でも触れられてましたが、解散後もあの2分間ポップの魔術師ロバート・ポラードと共にBoston Spaceshipsなるバンドで活動してます!どビックリしました!!!しかもアルバムもだしてる!!!!うがうぎゃーー!
マイスペ聴いた限りでもGbVを引き継ぐもう最高のロックンロール・ポップスを演ってます。
しかしロバートのあの元気はどっから湧いてくるのでしょう?ステキすぎです。
[PR]
by ms.paddington | 2009-02-14 21:45 | 音楽

Respect


Neal Casal "You don't see me crying"

You tell me that you're so and blue.
But I don't see you crying It can't be that bad for you.
If I don't see you crying.

You're falling too fast finding out the hard way
it's tough to make a good thing last.
-" You don't see me crying " by Neal Casal


ニール・カサールの記事を書くのは初めてな気がする。(過去に書いてたらごめんなさい)
私もそれほどニールに詳しいわけじゃなく、ライアン・アダムスと一緒に活動し始めて、
彼のソロを知ったくらいのぺーぺーもの。
だけど、そんなの関係ないよね?
彼の温かくて優しくてふわーーっと心に沁み込んで来るあったかい音楽に、
何度も救われました。
雨の降った日の今日、久しぶりに聴いた。
この曲を聴き始めてすぐ、突然妹が語りかけてくれてる気になってしまった。
まるで妹が「ほら!しっかりして!」って渡してくれたのかな・・・・
なんて。


話を戻して。この映像は2003年に来日した際の@鎌倉でのライブ映像です。
彼はここ数年年末年始、恒例のように日本でアコースティック・ライブをしに来日してくれます。
それもこれも、ファンや関係者の方々、特に"bartheree" さんの熱い熱い愛と活動の賜物だと思います。
興味持たれた方、一度barthreeさんのマイスペ(↑のリンク先)にアクセスしてみてください。
とてもとてもとってーーーも素敵で愛溢れるサイトです。心からリスペクトしてます。(ってお会いしたことまだないですが)

d0021094_10281.jpg

私も今日知った(ファン失格)今月発売された新譜『Roots & Wings"』
の日本盤、タワーレコードさんがお取り扱いしてくれてます。
そしてニールご本人のサイト&マイスペも見逃せ&聞き逃せません。
趣味の範囲を軽ーく超えてるもうもうなんといっていいかことばにするのももったないくらい、素晴らしい写真の数々。
専門的なことなんて知ったことじゃないけど、
色合いや雰囲気やなんか、何から何まで本当に温かくて癒されます。
それにライアン・アダムスを時にかっこよく、時にお茶目に「これ、素のライアンなんだろうな。」
と思えるほど、世界一ライアン・アダムスを最も彼本人に近い顔を撮ってくれている気がします。
なんてえらそーにすみません(汗)。
音楽や写真などなどから隠してもにじみ出るあったかい人柄だと安易に想像できる、そして素晴らしい音楽と写真で私の狂ってしまっている心の中の一部を癒してくれるニール・カサール。
本当に尊敬し、感謝しています。
春に来日ツアーありかも?!皆さん、どんどん日本盤買いましょうー♪♪
[PR]
by ms.paddington | 2009-02-13 23:20 | 音楽

Bonnaroo 2009

d0021094_2240693.jpg


今年のBonnarooにもWILCOが出演します!
開催は6/11-14だそうで、毎度のど田舎(失礼!)テネシー州のマンチェスター(US)だそうです。
あとわたし的にはYeah Yeah Yeahが!Citezon CopeがーGomezがーAnimal Collectiveがーー!!
[MOE]とありますが、あの日本のめちゃかっこよしなmoe.???かしら?だとしたらすごぉぉぉぉい!!!
Bonnaroo前にスペイン&ポルトガル、と新婚旅行のパンフレットでも存在しそうなツアーするんだ。
ポルトガル・・・前から普通に観光旅行行きたいんだよな。。。でも無理。
んで、今年の夏も苗場にはWilcoはきません。
『10,000 mile festival』in Detroit、7/22-25に出演しますから。。。

いろいろと思うことがありすぎて、Wilco特にジェフのことを考えると冷静でいられなくなるため、
久しぶりにチェック&日記しました。
もう少し落ち着いてサイトチェックが日課に戻る頃には再びうざいほどワーキャー言い出すと思います。
[PR]
by ms.paddington | 2009-02-12 23:03 | Wilco

Jacob Dylan



The Wallflowers "Closer to You"

How soft a whisper can get when your're wolking through a crowded space.
I hear every word being said and I remember that everyday
I get a little bit croser to you.
-"Closer to you" by Jacob Dlran


昨年のフジロックで生ジェイコブを拝めたこと。
本当に私は運がいいと思う。
ふいにそんなことを今日思った。
なんでジェイコブが頭に浮かんだのかは不明だけど。
特にThe Wallflowersの曲も何曲か聴けた時は一人嬉しくて軽く飛び跳ねた記憶が・・・(恥)
言うまでもなく、同じ曲でも状況、時代、記憶・・・感じ方や惹かれる言葉は変わる。
ラブソングであったとしても対象は恋愛だけじゃない。
『love』の対象は無限だもんね。
とにかく、なにが1番言いたいかと言うと、
ジェイコブ・ディランの男前っぷりははんぱじゃない!
てことです。
カミングアウトすると、「男の人はもういい・・・それにもしかして私が恋をする相手は男性とは限らないのかも?(これは絶対ない、と今でも否定しない。だって先のことは何もわからないから、)」
なんてこと思ってた時期だったけど、あまりのジェイコブの男前さに涙がでて、
「私はやっぱり男が好きだ」
と実感しました。

これ↓なんて「恋せよ、乙女!」って具合にトロケされました。


Jacob Dylan "Something Good This Way Comes(from [Later...] )
[PR]
by ms.paddington | 2009-02-12 22:33 | 音楽