Thanks to the boys!!

The Ordinary Boys

私が今もっとも愛してるバンドです。彼らの音楽は本当に最高です。あまりにも好きすぎて何と書いていいのやら…。できるだけ簡潔にまとめるよう努力します。

私が初めて彼らの音楽に出会ったのは某レコ屋の試聴機でした。"Meybe Someday"を聴いてすぐに「きゃー!ツボツボ、大好きよ!!」といたく興奮しました。もちろんその気持ちはその後のシングルや記念すべき1stアルバム"Over The Counter Culture"を聴くごとにどんどんどんどん大きくなってます。現在進行形でね。

正直何でここまで彼らの音楽にハマッてるのか自分でもよくわからないです。「思いこみか?」と自己分析したりもしたけど、違う。あのまっすぐストレートな歌詞と思いっきりど真ん中なメロディが大好き大好き。毎日毎日聴いても飽きない。もう私の趣味だからとしかいいようがない。
それにそのまっすぐな歌詞に自分らしく生きていく勇気をもらったし、色んな事を流さずによく考えなくてはいけないってホントに思った。全ての曲に私は支えられています。

そして彼らの最大の魅力はライヴ!!!もうね・・・すごいです。とってもまっすぐで熱くていつだって本気なんです、この人達。観てるこっちもハイになりすぎて記憶も唾液も飛ばしまくり・・・(傍にいた方ほんとにごめんちゃい)。Prestonが「Go Mental!」って言うけど、言われなくてもイッちゃってますよ~。

いつものSEが流れてメンバーがステージに上がって最初の音が鳴った瞬間!!!=Priceless

なんです。今書いててもドキドキドキ・・・。あの瞬間が1番好きだし全てでもある。
きっと冷静に観てる方達は演奏がどうのとかステージングが・・・とかダメだしもあるんだろうけど、いえいえ最高ですよ。ギターが下手だっていいじゃない。ボーカル声でてなくたっていいじゃない。そんな時もあろう。完璧なライヴなんてつまんないよ、きっと。それに成長過程も観れるわけだから「次観る時はどんなかな?」て期待して待てるんだもの♪現にオフィで聴けるこないだのライヴ音源聴いたらうまくなってるじゃん!!!特にWillさん。頭も刈ったみたいだし気合を感じます。

もしもThe ordinary Boysの音楽に出会ってなかったら・・・。
自分の夢を思い出す事もなく、他人と深く関わる事を拒否しながら相変わらずさえない毎日を過ごしていたのかなぁ。。。人生何が起こるかわかんないもんです。彼らに心から感謝しています、ほんとうにありがとう。
あぁぁぁ。この人達のこと書き出すととまらない~~。ま、こんな感じで私はThe Ordinary Boysに一生忠誠を誓って応援し続けていきます。

Official Site

d0021094_233178.jpg

[PR]
# by ms.paddington | 2005-04-07 22:58 | The Ordinary Boys

The Kinks meets The Ordinary Boys

d0021094_1334941.jpg
本日ブログ開設しました。パチパチ.。
その時その時に出会った曲や、愛するアーティスト、レコードはたまた映画や本とか人物などに感謝の気持ちを込めて少しずつ書き残していければいいなぁ、ゆる~く決意してます。

ブログタイトルに拝借させていただいたのはThe Kinksのナンバーです。色々迷ったんですが、マイベストソングの1つでもあるこのタイトルにしました。他にも大好きな曲は死ぬほどあるんだけど、何か今日の気分はこれでしたんで…。とにかく美メロにメロメロ。きっと一生メロメロ。
「これでもか!」てほど美しく切ないメロディが展開されていつ聴いても切なくて、、、でもホッと癒されます。
オリジナル・アルバムでは"Something Else"に収録されてます。(これまた名盤です。LOVE)
ちなみに英国のファンサイトでは、数秒ですがvideoも試聴できます。The Kinksの全てがわかる素晴らしいサイトです。

The Kinks fan site

時代も国も遠く遠く離れている一人の人間にも感動や興奮を伝えてくれる音楽。
こうやって今私が元気にささやかながらも幸せに生きているのは、周りにいる大好きなみんなと素晴らしい音楽に出会えたから。本当に感謝してます。
それに音楽が縁で出会った大切な人達もいる。世界人口何百億人か知らないけど、そんな中で出会ったのってマジで奇跡と思いこんでます。これからもそんな貴重な縁を大切にしつつ、どんどんいろんな人、音楽に出会って触発され続けていきたいな。

え?今日のタイトル??
The KinksもThe Ordinary Boysも私の愛する愛するバンドなのです。特にTOBに関しては私の人生捧げてますんで(大袈裟ぽいけど本人真剣)、今後何度も登場するでしょう。
彼らの音楽にはリンクするところがいっぱいある、って私は思っていて(メンバーがキンクス大好きらしいのも納得)"maybe someday"の歌詞を読んだ時は"do it again"がまず浮かんだし。ちなみに"do it~"発売当時、TOBの何人かのメンバーはまだ産まれてないんですね~。、、、こんな風に時代を超えても自分の中で結びついたり、はては世界中のファンの胸の中に残ってるなんて本当に素晴らしいことだと思う。
そして何年、何十年か後に、

"The Kinks meets The Ordinary Boys"

なんて思えるバンドが登場するかもね。そう思うとワクワクする!
それにボーイズ君達もDavies兄弟のポップセンスをリスペクトしてるみたいだから、カヴァー第3弾やっちゃえ!やっちゃえ!!その時はもちろんギグ&ビデオ共演してね。
[PR]
# by ms.paddington | 2005-04-07 00:30 | 音楽